@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コブデン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コブデン
Cobden, Richard
[生]1804.6.3. サセックス,ミッドハースト近郊
[没]1865.4.2. ロンドン
イギリスの政治家。マンチェスター派の指導者。 J.ブライトと並び称される自由貿易運動の代表者。 1828年友人とキャラコ商を始め,31年ランカシャーに工場を設けてキャラコ捺染工業を開始し,翌年マンチェスターに定住した。 38年数人のマンチェスター商人とともに「穀物法」撤廃運動を開始し,翌年には「反穀物法同盟」という全国的組織に拡張してその指導者となった。 41年下院議員となり,ブライトらと協力して穀物法廃止に成功 (1846) 。その後は大陸諸国を歴訪して自由貿易を説き (46~47) ,また国際仲裁裁判と軍縮の必要を内外に訴えた。パーマストン内閣 (55~58) のクリミア戦争アロー戦争への積極的介入に反対し,57年政府の外交政策弾劾動議の成立に成功したが,翌年の選挙ではブライトとともに落選。 59年再選され,第2次パーマストン内閣に入閣を求められたが拒絶した。しかし 60年の英仏通商条約の締結には率先して尽力,またアメリカ南北戦争に際しては北部を支持した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コブデン(Richard Cobden)
[1804~1865]英国政治家自由放任主義者で自由貿易主張し、J=ブライトとともに穀物法反対運動を成功させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コブデン【Richard Cobden】
1804‐65
イギリスの政治家。農民の子としてサセックス州に生まれる。彼の家は11人の子沢山で,きわめて貧しかった。4年間学校に学んだあと,1819年からロンドン叔父のところで店員,次いでキャラコ販売人として働き,28年独立してランカシャーに進出,31年みずからキャラコ捺染業を起こして成功し,32年にはマンチェスターに居を構えた。35年,アメリカを旅して最初のパンフレット《イギリス,アイルランド,そしてアメリカ》を出版して自由貿易と平和主義の立場を確立,38年からはマンチェスターの実業家を糾合して反穀物法同盟を結成,J.ブライトと協同して46年に同法の廃止を実現した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コブデン【Richard Cobden】
1804~1865 イギリスの政治家。自由貿易を主張。ブライトとともに穀物法撤廃に貢献。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コブデン
こぶでん
Richard Cobden
(1804―1865)
イギリスの政治家。サセックスの農家に生まれる。父が農業経営に失敗したため親類に引き取られ、成人後キャラコ染色業を経営し成功、政治活動に入った。反穀物法協会に参加、1839年この組織が反穀物法同盟に発展すると、ブライトとともにその中心的指導者となり、穀物法を廃止に導いた。自由放任主義を唱えたマンチェスター学派の代表的人物で、自由貿易政策の主唱者であり、また小さな政府を唱え、海外に対する干渉に反対し、平和主義的立場を通したことでも知られている。[岡本充弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コブデン
(Richard Cobden リチャード━) イギリスの政治家。ブライトとともに穀物法の廃止に貢献。自由貿易主義を主唱し、フランスとの間にコブデン=シュバリエ条約を締結。(一八〇四‐六五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

コブデン
Richard Cobden
1804〜65
イギリスの政治家
自由貿易を主張し,1839年にはブライトとともに反穀物法同盟を組織して穀物法の廃止運動を展開した。1846年同法廃止に成功。後年は熱烈な平和主義者としてクリミア戦争やアロー戦争に反対した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コブデン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コブデンの関連情報

関連キーワード

ベートーベン文化岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)ナポレオンブレークケプロンハリス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation