@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コプト教会【コプトきょうかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コプト教会
コプトきょうかい
Coptic Church
エジプトにある古代からのキリスト教会で,コプトは,アラビア人が征服以前のエジプト人やその言語を qubtと呼んだことに由来する。カエサレアのエウセビオスによれば,コプト教会の始りは福音書記者マルコの宣教によるとされ,アレクサンドリア古代教会の中心地の一つであった。この教会はディオクレチアヌスの迫害に耐えて盛んとなり,4世紀にアントニウスらによって始められた修道生活も特に上エジプト地方において開花発展をみた。コプト教会のローマ教会からの分離は,カルケドン公会議 (451) においてアレクサンドリア総大主教ディオスコロスのキリスト単性論 (→キリスト単性説 ) が異端宣告を受けたことに始る。この後エジプトがペルシアによる占領 (619以後) に続いてアラブに支配されたため (642以後) ,迫害と苦難の時代が長く続いた。カリフ・ハーキム (996~1021) は 3000の教会を破壊したという。ようやくテル・エル・ケビルの戦い (1882) でイギリス支配下に入り,教会は自由を獲得,信徒数は現在約 300万,エジプト人プロテスタントは約5万,カトリック帰一教徒約8万 5000といわれる。教会は古代においてギリシア語のほかに土着コプト語を用い,多くの宗教文学の翻訳,著作がなされたが,アラビア語の普及とともにコプト語は日常語としてほとんど廃絶し,現在では教会典礼語として残っているにすぎない。エチオピアのキリスト教会もコプト教会と伝統的に深い関係をもち,12世紀以来その首長はアレクサンドリア総大主教によって選ばれていたが,1950年以後自治教会の形成をみている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コプト‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【コプト教会】
キリスト教の教派の一。キリストの神性を強調する単性説をとり、5世紀に古代教会から分離・独立。エチオピアの国教でもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コプトきょうかい【コプト教会 Coptic Church】
エジプトの単性論派教会。エジプトのアレクサンドリアは使徒マルコの宣教した地と伝えられ,ローマ,アンティオキアとならぶ古代キリスト教世界の中心地であった。同市の主教は大きな権威を有し,神学のアレクサンドリア派はアンティオキア派とならび称された。アントニウスなどの努力によって修道制が確立したのもエジプトである。しかしアレクサンドリアは5世紀の単性論問題でローマおよびコンスタンティノープルの教会と争って敗北し,主教ディオスコロスはカルケドン公会議(451)で罷免された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コプトきょうかい【コプト教会】
キリスト教の教派の一。五世紀中頃、アレクサンドリア主教を中心として、ローマおよびコンスタンチノープルの教会から分離。人性は神性に融合・摂取されているとするキリスト単性論をとる。エジプト以外にエチオピアなどに残存。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コプト教会
こぷときょうかい
Coptic Church
エジプトの正統キリスト教会。正式の呼称は「コプト・オーソドックス(正統)教会」。「コプト」coptは、「エジプト人」を意味するギリシア語「アイギプティオス」のアラビア語発音に由来。アレクサンドリアに主教座をもつエジプトの教会は、2世紀以降、キリスト教の教義(三位(さんみ)一体論とキリスト論)形成のうえに重要な役割を果たしたが、451年カルケドン公会議で採択されたキリスト論(カルケドン信条)を拒否し、教理的にはキリスト「単性論」(神とキリストとは単一の本性を有するとし、キリストの人性より神性を強調する説)を採用して、ビザンティン帝国教会と決別したといわれる。しかしこの背後には修道院を中心とするコプト教会のナショナリズムがあった。このことは、7世紀以来エジプトがアラブ化、イスラム化され、コプト人が少数派にとどまっている現在に至るまで貫かれている。[荒井 献]
『荒井献著「コプト教会」(前嶋信次・杉勇・護雅夫編『オリエント史講座 第3巻』所収・1982・学生社) ▽山形孝夫著『ワディ・ナトルンの修道院――コプト修道士の生活史から』(『イスラム世界の人びと 第5巻』所収・1984・東洋経済新報社) ▽村山盛忠著『コプト社会に暮らす』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コプト‐きょうかい ‥ケウクヮイ【コプト教会】
〘名〙 キリスト教の一派。エジプトに行なわれ、キリスト単性説を信じる。四五一年ローマカトリック教会から離脱。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コプト教会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コプト教会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation