@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コモン・センス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コモン・センス
Common Sense
イギリスとアメリカ両国で活動した著述家トマス・ペインが 1776年1月フィラデルフィアにおいて匿名出版した 47ページのパンフレットアメリカ独立戦争がすでに始っていた当時,依然独立革命に反対する者の多い情勢をみて,アメリカの進むべき道を示すために書いたもの。政府起源意図イギリス君主政治と世襲制害悪,アメリカの現状と,独立を可能とするアメリカの実力の分析から成るこの政治パンフレットは,発売3ヵ月で 12万部を売り,大きな影響力をもってアメリカ独立運動の進展に貢献した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こもんせんす【コモン・センス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コモン・センス
こもんせんす
Common Sense
イギリス生まれの思想家トマス・ペインの主著。アメリカ独立戦争期の聖典。1776年1月アメリカ、フィラデルフィアで刊行。アメリカ植民地人が、レキシントン・コンコードの戦い(1775年4月)でイギリス政府軍に勝利したのちにも、依然として自治の拡大のみを唱え独立に踏み切ることをためらっていたときに、いまや本国から分離して独立を宣言することは常識コモン・センスとなったという論調の本書が出現し、植民地人を勇気づけた。植民地人が独立をためらっていた最大の理由は、イギリス国王と「民主主義」の母国に対する尊敬の念、また独立すれば経済的に自立できないのではないかという恐怖心にあった。
 ペインは本書において、万人の自由と平等を主張する自然権思想の立場から、イギリスの政治制度は世界的に賞賛されてはいるが、その実態は、世襲の君主をいただき、非民選の貴族院(上院)が存在し、また庶民院(下院)も一部の有産者からのみ選出されているとして、イギリス民主主義の神話を打ち砕いた。そして、独立によってこそ真に自由で民主的な国家をつくることができると主張し、さらに、当時の植民地経済を分析して、独立後も十分に自立できることを人々に示した。本書は匿名で出版されたが、3か月間に12万部、最終的には50万部も売れたといわれる。当時の植民地の人口が約300万人ということであるから、本書がいかに大きな影響力を与えたかが推測できよう。ペインが『コモン・センス』で始めた仕事を、ジェファソンが「独立宣言」で仕上げたのである。[田中 浩]
『小松春雄訳『コモン・センス』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コモン・センス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コモン・センスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation