@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コラゲナーゼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コラゲナーゼ
collagenase
蛋白質分解酵素の一種で,クロストリディウム属 Clostridium細菌の培養液に含まれる。 -Pro-X-Gly-Pro- という構造があるとき Glyと Proの間を切る。コラーゲンには Glyと Proの含量が高いので,能率のよい基質となるが,ゼラチンなども基質となる。おたまじゃくしのの皮にも見出されており,変態時の尾の吸収を促進する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

コラゲナーゼ
 [EC3.4.24.3].コラーゲンを特異的に分解するプロテアーゼ.クロストリジウム属[Clostridium]の細菌に強い活性があり動物由来の酵素もある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こらげなーぜ【コラゲナーゼ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コラゲナーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コラゲナーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation