@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コラム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コラム
Colum, Padraic
[生]1881.12.8. ロングフォード
[没]1972.1.11. コネティカット,エンフィールド
アイルランドの劇作家,詩人。国民劇場創立者の一人で『アイリッシュ・レビュー』 Irish Reviewの創刊者。『破れた土地』 Broken Soil (1903) ほか数編の戯曲,全詩集 (32) ,ハワイ民話集などがある。 1914年以降アメリカに住んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラム
column
本来は縦列,また新聞・雑誌の欄を意味するが,一般的には,一定の枠によって囲まれた,署名または匿名による短評時評の欄をいう。『朝日新聞』の「天声人語」,『読売新聞』の「編集手帳」,『毎日新聞』の「余録」,『東京新聞』の「大波小波」などは新聞のコラムの代表的なもの。なお,こうした短評欄への執筆者をコラムニストという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コラム(column)
新聞・雑誌で、短い評論などを掲載する欄。また、囲み記事。
古代ギリシャ・ローマの建築物に見られる石の円柱。
4

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コラム【column】
新聞紙面内の特定のスペースを定期的に与えられた,多くは特定個人の執筆する囲み記事総称本来は〈の欄〉の意味である。形をあらわす言葉がしだいにそこに収められた特定の内容をも指す用語に転化していくので,内容は娯楽的読物エッセー,政治論評,ゴシップと多岐にわたり,限定はできない。著名な文人,筆力のあるベテランの記者の書くエッセー・コラムは,どこの新聞でも古くからの慣行としてあったが,コラムを新聞の目玉商品として発達させたのは,アメリカである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コラム【Padraic Colum】
1881‐1972
アイルランド生れの劇作家,著作家。鉄道員をつとめながらシング,イェーツらとともにアベー座創立当初からアイルランド国民演劇運動で活躍,劇場最初の成功劇《土地》(1905),《トマス・マスケリー》(1910)などを発表。1912年に,のちのイースター蜂起(1916)の指導者T.マックダナーなどと《アイリッシュ・レビュー》を創刊。14年アメリカに移住,アイルランド民話を中心に各国の神話伝説をにした児童文学を多数著している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コラム【column】
新聞や雑誌で、短い評論などを載せる欄。また、そこに載せる文章。囲み記事。
古代ギリシャ・ローマ建築に用いられた石の円柱。
カラム

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コラム
こらむ
column
ラテン語のcolumnaから出た「円柱」を意味することば。転じて英字新聞紙面における縦の欄をさし、さらに、一定の大きさを囲んで定型化した決まりものの記事欄を意味することが多い。日本の新聞では、常時定まっている寄稿記事、毎日同じところに連載される解説・短評欄のことをいう。『朝日新聞』の「天声人語」、『毎日新聞』の「余録」(1902年から掲載され、日本最古。当時は「硯滴(けんてき)」、のち改称)、『読売新聞』の「編集手帳」などが代表的なもの。社説が社論を代表し、政治、経済、社会に属する重要事項を取り上げるものであるのに対して、コラムは、市井のできごと、自然、四季の移り変わりに至るまで素材化でき、1人の筆者が主観的な感想を述べる場合が多く、読者により親しまれるものとなっている。
 学芸的な囲み記事や決まった寄稿欄は別として、時事問題を取り扱うコラムは、わが国の場合、新聞社員である論説委員や編集委員が担当し、その新聞の権威や個性を共有するものとされることが多い。これに対してアメリカでは、伝統的にどの社にも属さない独立したコラムニストが活躍し、独特な取材源による情報や説得力のある意見をコラムにまとめ、各紙に提供するという方式を盛んにとっており、これらは署名入りである。[桂 敬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コラム
〘名〙 (column)
① 古代ギリシア・ローマの建物の石の円柱。また一般に、西洋式建物の円柱。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「赤い煉瓦と白い石帯(ストーンバンド)とで畳揚げられた柱(コラム)の裾に」
② 新聞、雑誌などで、時事問題、社会風俗などを解説、短評する囲みの欄。記者、評論家、文化人などが署名入り、または匿名で執筆し、筆者の個性や見識を持ち味とするものが多い。囲み記事。短評欄。〔新しき用語の(1921)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コラムの関連情報

関連キーワード

アレクサンドルアレクサンドル体操競技都市気候農商務省ブラジル文学ルノアール(Pierre-Auguste Renoir)おもなお雇い外国人ジェームズAガーフィールドイリ条約

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation