@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コラール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コラール
Corral, Luis Diez del
[生]1911. ログローニョ
[没]1998. マドリード
スペインの歴史家,政治学者,文学者。マドリード大学法学部卒業後,ベルリン,フライブルク両大学で哲学を修め,1936年『政治の思想形態』 Historia de las ideas y formas politicasによりスペイン・アカデミー法律学大賞,42年小説『マジョルカ』 Majorcaにより同文学大賞を受賞。 51年,マドリード大学政治経済学部教授。 54年の『ヨーロッパの略奪』 Elrapto de Europaによって一躍世界的脚光を浴びる。 53年より 61年にわたって,スペイン文化使節として欧米,中近東,日本などに派遣された。これは 63年に『新世界より旧世界へ』 Del nuevo al viejo mundoとして結実した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラール
Kollár, Jan
[生]1793.7.29. モショフツェ
[没]1852.1.24. ウィーン
スロバキア出身のチェコの詩人。プロテスタントの牧師で,ブダペストの説教師,のちにウィーンの大学のスラブ古代史の教授をつとめた。代表作に 1824年に執筆,32年に決定版の出た『スラーバの娘』 Slávy dceraがある。チェコおよびスロバキアの文芸復興期のイデオロギーである汎スラブ主義を鼓舞した詩人

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラール
Kolār
インド南西部,カルナータカ州南東部の町。コラール県の行政庁所在地。バンガロール東北東約 70km,コラールゴールドフィールズの北西に位置。降水量が少く,周辺の台地には多数のため池が造られ,米,サトウキビ,タバコを産出。町では綿織物,毛布,皮革製品が生産され,農産物とともにバンガロールに移出。人口8万 3219 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラール
chorale
ドイツ・プロテスタント教会,特にルター派教会賛美歌宗教改革主張に基づき,教会に集る信者みずからが歌えることを目的として,ルターやその協力者たちによって作られたドイツ語の歌詞と単純な旋律の宗教歌。 1520年代から現れ,最初はもっぱら会衆によって単旋律のまま歌われたが,次第に高度な芸術作品の基礎としても用いられるようになり,コラール・カンタータ,コラール・モテト,コラール・ファンタジーなどの編曲を生み,プロテスタント教会音楽の発展に大きな役割を果した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コラール(〈ドイツ〉Choral)
ドイツのルター派教会で用いられる賛美歌衆賛歌
グレゴリオ聖歌など、各種の聖歌や教会歌の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラール(Kolar)
インド南部、カルナータカ州の都市。州都ベンガルールの東約60キロメートルに位置する。ビジャヤナガル王国時代の14世紀に建造されたソーメシュワラ寺院がある。南東郊の金鉱山は同国最大の産出高を誇る。コーラール。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コラール【Choral[ドイツ]】
ドイツ福音主義教会の会衆賛美の歌。宗教改革者ルターの,特別な音楽的素養をもたない一般会衆にも自国語で歌える礼拝の歌を与えようという意図を出発点として起こり,16世紀から18世紀にかけて,多数の曲が作られた。ドイツ語の抑揚を生かした素朴で力強い旋律と旋法的な性格の強い節回しが特徴で,楽曲形式は中世のミンネジンガー以来ドイツ歌曲にとって一つの基本形式となったAABのバール形式(バールBarという詩型が基本で,リズムと押韻が呼応しあう二つの前句AAと後句Bからなる)によるものが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コラール【Ján Kollár】
1793‐1852
スロバキアの出身で,ブダペストのプロテスタントの牧師ウィーン大学のスラブ古代学の教授。チェコスロバキアの文芸復興期の代表的詩人としても知られる。スラブ諸民族間の文化的・政治的関連性を主張,スラブ民族の優秀性と将来性を説いた。代表作は詩集《女神スラーバの娘》(1824)。【千野 栄一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コラール【Luis Diez del Corral】
1911‐1998
スペインの哲学者,歴史家。1934年マドリード大学哲学・法律学部を卒業し,翌年ドイツに留学。48年在仏スペイン大使館文化部長となり,51年マドリード大学教授となる。61年にはスペイン文化使節として来日した。その主著と目される《ヨーロッパの略奪》(1954)はヨーロッパ文化の多角的な歴史的省察の書として注目を集め,日本を含む多くの国で翻訳・紹介された。【生松 敬三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コラール【Choral】
ドイツのプロテスタント教会で、賛美歌のこと。衆賛歌。コーラル。
ローマカトリックの単旋律聖歌。グレゴリオ聖歌。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コラール
〘名〙 (Choral)
① 中世、グレゴリオ聖歌に代表されるローマ教会の単旋律聖歌の総称。
② ドイツ福音教会の宗教音楽の一種。一般に、ルターがドイツのプロテスタント系の教会用に制定した単純で歌いやすい讚美歌をいうが、オルガンの曲などもある。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コラールの関連情報

関連キーワード

エクソンモービル牧野省三[各個指定]工芸技術部門多和田葉子平山郁夫サミー ソーサ朝鮮民主主義人民共和国小渕恵三内閣グリーンランドゴダール(Jean-Luc Godard)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation