@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コリント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コリント
Corinth, Lovis
[生]1858.7.21. タピアウ
[没]1925.7.17. オランダ,ザントフォールト
東プロシア生れのドイツの画家。 1876~80年ケーニヒスベルク,80~84年ミュンヘンの美術学校に学び,84~87年パリで制作。 1900年ベルリンに移住。初期の作品は P.ルーベンスや F.ハルスの影響を受けて写実主義的であったが,やがて外光派絵画へ向い,11~12年ベルリン分離派を主宰し,ドイツ印象派の代表的存在となる。 11年突然中風に見舞われてからは,次第に表現主義的傾向を強めた。 18年以後しばしばバルヘンゼーを訪れ,一連の風景画を制作。画題は風景,肖像静物のほか宗教画や歴史画も描き,晩年には石版,エッチング秀作も残した。著書に『自叙伝』 Selbstbiographie (1926) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリント
Corinto
ニカラグア西部の都市。レオン西北西約 30km,太平洋岸コリント湾内の低平なプンタイカコ島にある港湾都市で,本土とは橋で結ばれる。大型船が接岸できる同国唯一ので,同国の主要港として輸出大半を取扱う。主要輸出品はコーヒー,綿花砂糖木材皮革など。鉄道が通じ,国内主要都市と連絡。人口2万 4250 (1985推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリント
コリンソス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コリント(Korinthos/Κόρινθος)
ギリシャ南部の都市。ペロポネソス半島と本土とを結ぶ地峡にある。交通・商業の要地で、古代にアテネスパルタと並んで栄えた都市国家。陶器を産する。コリントスコリンソス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コリント【Lovis Corinth】
1858‐1925
ドイツの画家。東プロイセン,タピアウの出身で,ケーニヒスベルクの美術学校を経て,ミュンヘンの美術学校に学んだ。同地でライブルらの写実主義の影響を受けたのち,自由な空気を求めて1900年ベルリンへ移り,ベルリン分離派に加わった。以後,M.リーバーマン,スレーフォークトと並んで,分離派(ゼツェッシオン)を中心とするドイツ印象派の重鎮として活躍。作風は,初期の写実主義的なものから,しだいに色彩筆致の自由奔放さを示すようになり,とりわけ晩年には表現主義的な画風に近づいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こりんと【コリント】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

コリント
(Corinth)
[1] ギリシア、ペロポネソス半島の基部にある都市。古代ギリシアの都市国家の一つで、紀元前七~前六世紀海上貿易によりアテナイ、スパルタなどと並んで栄えた。また、陶器製造の中心地となった。ギリシア名コリントス。
[2] 〘名〙
① 「コリント‐ゲーム」の略。
※月光都市(1944‐47)〈武田泰淳〉「コリントやのぞき写真にとりかこまれた屋内劇場」
※大策士(1897)〈福地桜痴〉二「お定りの西洋造り、屋根はゴチック、柱はコーリンツ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

コリント
Korinthos
ペロポネソス半島と中部ギリシアをつなぐコリント地峡に位置する,古代ギリシアの都市国家(ポリス
西地中海と東地中海を結ぶ交通上の要地にあるため,商工業が栄えた。アテネ・スパルタと並ぶ有力なポリスで,ヘレニズム時代に最大の商業都市となり,前146年,商敵ローマに破壊された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コリントの関連情報

関連キーワード

ケクレインド大反乱安政の大獄徳川家定開国(日本史)徳川家茂ビュルゲルマクネア快楽亭ブラックイーストレーキ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation