@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コルニーロフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コルニーロフ
Kornilov, Lavr Georgievich
[生]1870.8.30. ウスチカメノゴルスク
[没]1918.4.13. エカテリノダール
ロシアの軍人。 1907~11年北京で武官をつとめ,第1次世界大戦では師団長として従軍,負傷してオーストリア軍の捕虜になったが,16年脱走して帰国。 17年の二月革命後,ペテルブルグ軍管区司令官になった。同年8月,A.F.ケレンスキー臨時政府によってロシア軍最高司令官に任命されたが,軍事独裁を要求したため罷免された。その後,反革命を企ててペテルブルグへ進撃したが失敗し逮捕,投獄された。十月革命後の 12月脱獄し,M.アレクセーエフや A.I.デニーキンらと反革命義勇軍を組織して戦い,18年戦死。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コルニーロフ【Lavr Georgievich Kornilov】
1870‐1918
ロシアの陸軍大将,十月革命後の内戦期の反革命運動の指導者。退役コサック将校の息子。1898年陸軍大学校卒。日露戦争に従軍後,1907‐11年,中国で公使館付陸軍武官を務める。第1次世界大戦に歩兵師団長として参加したが,15年,ガリツィアより敗退時に捕虜となる。しかし,16年に脱走し,二月革命後はペトログラード軍管区総司令官,西南方面軍総司令官などを歴任。ロシア軍のドイツ軍への七月攻勢の失敗後,最高総司令官に任命された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コルニーロフ
こるにーろふ
Лавр Георгиевич Корнилов/Lavr Georgievich Kornilov
(1870―1918)

ロシアの陸軍歩兵大将、内戦期の反革命運動の指導者。退役コサック将校の子。1898年陸軍大学校卒業。日露戦争に従軍し、1907~11年には公使館付武官として中国に勤務。第一次世界大戦には歩兵師団長として参加したが、15年ロシア軍のガリツィア敗退時にオーストリア軍の捕虜となり、16年7月脱走。二月革命後は、ペトログラード軍管区総司令官、西南方面軍総司令官などを務め、ロシア軍の7月夏期攻勢失敗後は、臨時政府によって最高総司令官に任命された。彼は、二月革命で廃止されたがその後前線では復活されていた死刑をさらに後方にも拡大し、指揮官の権威を復活させようとして、ソビエトと対立、また首相ケレンスキーとも対立するに至った。9月7日(露暦8月25日)彼は軍事独裁を目ざす反乱(コルニーロフの反乱)を起こし、部隊を首都に向けたが、ソビエトによって阻止され、逮捕された。十月革命後は南部ロシアに逃れ、アレクセーエフ将軍とともに白色義勇軍を組織したが、18年4月エカチェリノダールで戦死した。

[藤本和貴夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルニーロフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コルニーロフの関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史普仏戦争ナポレオン開拓使コッペリアシュトラウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation