@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コルメラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コルメラ
Columella, Lucius Junius Moderatus
1世紀のローマの作家。スペインカディス出身。『農事論』De re rustica(12巻)の著者。これは農民の生活と仕事のさまざまな面を扱った論文で,農場耕作作物ブドウ樹木家畜,家禽,魚,野獣蜜蜂,庭園,荘園管理人夫婦の義務など多くの項目に分かれ,特に庭園に関する第10巻だけは,ウェルギリウスの『農耕詩』の継承の意味で,叙事詩韻律で書かれている。コルメラは実践的な,また科学的な農民として,ローマ農業の復活を願望し,外国穀物の輸入増加と田園の大邸宅と不在地主制度を嘆き,地主本人の直接管理を提言,ウェルギリウスを賛嘆した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コルメラ【Lucius Junius Moderatus Columella】
1世紀のローマ帝政期に《農業論》全12巻を著した作家。生没年不詳。スペインの,おそらくガデス(現,カディス)の生れで,軍団副官として小アジアやシリアに赴き,のちにイタリアに定住した。若いころから伯父の影響を受けて農業に親しみ,イタリアでは各地に土地を所有していた。《農業論》の執筆にあたっては大カトーウァロ,ケルススらローマの先駆者はもとより,クセノフォンも参考にしたが,自己の経験に基づく独自の見解を随所に盛り込んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

コルメラ
(Columella) 一世紀中頃のラテン作家。スペインに生まれる。農耕、果樹、牧畜、養蜂、造園などについて論じた「農業論」で有名。ほかに「植樹論」。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルメラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コルメラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation