@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コレクション【これくしょん】

デジタル大辞泉

コレクション(collection)
美術品・切手・書籍などを趣味として集めること。また、その集めた物。収集品。「蝶(ちょう)のコレクション
オートクチュールプレタポルテの新作発表。モードの新作発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コレクション【collection】
広義には,歴史,芸術民俗産業,自然科学などの資料切手貨幣などの趣味品の収集をいうが,ここでは美術品の収集について述べる。 われわれが美術品に接するときの二つの重要な方法,享受と研究とのために,美術品のコレクションは欠くべからざるものである。なぜならば,建築や,建築の内外に付随するため現地に残されている美術品を除いて,過去のあらゆる美術的遺産は必ずなんらかの収集に属しているといえるからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コレクション【collection】
スル
美術品・骨董こつとう品・切手などを趣味として集めること。また、集められたもの。収集。
高級衣装店やデザイナーが、そのシーズン用に発表する作品。また、その発表会。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

コレクション
(1)図書館で所蔵する資料全体.図書館コレクションともいう.図書が中心である印象の強い「蔵書」に代わって,より多様な資料の集積を意味する用語として用いられている.(2)利用目的,利用者層,主題資料種別,資料形態など共通特性を持ち,一まとまりとして運営,管理される資料群.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コレクション
〘名〙 (collection)
① 美術品、骨董(こっとう)品、切手、鉄道の切符など、自分の好みのある特定の分野のものを、趣味として集めること。また、そうして集まったもの。収集。
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉寝覚め「頻と美人写真の蒐集(コレクション)に熱中して居る紳士が」
② (有名なデザイナーなどによる)モードの新作発表。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コレクション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コレクションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation