@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コロス
Choros
合唱舞踊団。ギリシアにおいて,の直接の展開から離れて,解説者や批判者として劇に参加する俳優の一群。初期においては合唱団 (コロス) が劇の主要部分を占めていたが,後期になるにしたがい,その重要度を減じ,エウリピデスの作品ではほとんど名目的なものとなった。合唱団の人数も,テスピス時代の 50人から前5世紀末には 15人となり,ついにテレンチウスやプラウツスなど,ローマの劇作家の作品からは姿を消すにいたった。しかし,20世紀になって,T.S.エリオットの『寺院の殺人』 (1935) や A.ミラーの『橋からの眺め』 (55) など,コロスの機能を再び取入れた作品も出ている。 (→アッチカ悲劇 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コロス(〈ギリシャ〉choros)
古代ギリシャ劇の合唱隊。劇の状況を説明するなど、進行上大きな役割を果たす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コロス【choros】
古くギリシア語では〈踊りの場〉を意味する語であったが,古典期においては,共同体の祭祀で神々に奉納される合唱歌や,市民の冠婚葬祭に歌われる合唱歌,またそれらを歌う合唱隊を指すものとなった。英語のコーラスなどはこの語に由来する。現存する最古のコロス(歌)の歌詞は,前7世紀スパルタの詩人アルクマンが,乙女たちが歌う祭祀歌として作したものであるが,2連一組で同一の律形を繰り返す対応形式を示しており,2組の合唱隊が交互に同一の旋律に従って歌と舞踊を繰り返したと解釈するむきもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コロス【khoros】
古代ギリシャ劇の合唱隊。劇中で群衆の役を演じ、また筋の説明をして進行をたすけた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コロス
〘名〙 (khoros) 古代ギリシア劇の合唱隊。アテナイの悲劇・喜劇発生の母体となったもので、劇の情況を説明したり批評したりするなど、進行上大きな役割を果たす。舞踊を伴い、舞唱隊(団)ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コロスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation