@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コロナ放電【コロナほうでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コロナ放電
コロナほうでん
corona discharge
電場の強いところで部分的に絶縁が破壊されて生じる発光放電。この放電の外観が,皆既日食のときに観測される太陽周囲の微光 (コロナ ) と似ているのでこの名がある。平板電極にい合せて針状電極を置き,電圧を上げていくと,初め状電極の先端にグローコロナが現れ,次いでブラシ状のコロナが現れる。沿面放電もコロナ放電の例である。電流の増加とともにグロー放電に移る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コロナ‐ほうでん〔‐ハウデン〕【コロナ放電】
気体放電の一。二つの電極間で局部的に高電圧を生じたため、空気の絶縁が破れ、かすかな光を発して放電する現象

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コロナほうでん【コロナ放電 corona discharge】
気体中の放電の一形態で金属電極突端などに生ずる局部的な放電。コロナはcrownと同義語で電極に冠をつけた形,あるいは太陽のコロナとの類似から名付けられた。電極間に電圧を加えていくと,まずコロナ放電が発生し電圧の上昇とともにこれが発達して電極間を結ぶ火花放電に至る場合と,コロナを経由せずに直ちに火花が発生する場合がある。一般に電極近くの電界が強く電極から離れると弱くなる不平等電界の場合にコロナが発生する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コロナほうでん【コロナ放電】
二つの導体の間で局部的に高電圧が生じ、空気の絶縁が破壊されて発生する、光を伴う静かな放電現象。送電線相互、送電線と大地間などに生じる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コロナ放電
ころなほうでん
気体中の放電の一形式。一般に高圧力の気体中で一方の電極の近辺だけに高電界が集中するときにおこる部分放電で、その外観が王冠(コロナ)に似ていることからこの名がつけられている。針状の電極の近辺でとくにおきやすい。電極の温度が低い冷陰極の放電であるため、高気圧中のグロー放電の一種とみなすこともできる。円筒を陰極とし、円筒の中心に張った細い針金を陽極とする場合、針金1メートル当り電流が1ミリアンペア以下ではコロナ放電となり、電極間の電圧が1000ボルトくらいで一定となるので、高電圧用の定電圧放電管として使える。しかし電流が限界値以上に増大すると、グロー放電に移って電圧は低下してしまう。高電圧の送電線でもコロナ放電を生ずることがあり、雑音や電力損失の原因となる。
 夜中、船が雷雲下を航海すると帆柱の先端にセントエルモの火といわれるものが現れることがある。これもコロナ放電による現象である。[東 忠利]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コロナ‐ほうでん ‥ハウデン【コロナ放電】
〘名〙 気体放電の一形式。二つの電極間に電圧を加えたとき、電位の傾きが大きい部分の気体が局部的な電離を起こし、微音と微光を発して放電する現象。電子写真などの電荷発生源として利用される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

コロナ放電
コロナホウデン
corona discharge

針と平板を電極とし,2極間の電圧を増加していくと,針の先端部がかすかに光りはじめる.この微光をコロナといい,その状態をコロナ放電という.コロナ放電は,絶縁体の局部破壊で火花放電の前駆として起こる場合が多い.高圧送電線などでよく問題となる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロナ放電」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コロナ放電の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation