@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンカン【こんかん】

世界大百科事典 第2版

こんかん【コンカン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンカン
こんかん
Konkan

インド西部、マハラシュトラ州西部の海岸地域。アラビア海と西ガーツ山脈に挟まれ、北はダマンから南はゴアに至る幅40~80キロメートル、長さ530キロメートルの地帯である。西ガーツ山脈に発する多くの川によって開析されたラテライト台地と、細長い低地からなり、河口の入り江は奥深い。中心都市ムンバイ(ボンベイ)もこうした入り江の一角にある。低地で米、サトウキビ、ココナッツの栽培が盛んである一方、海岸部の漁業や製塩も重要である。16世紀初頭からポルトガルの支配を受けていたが、18世紀にはムガル帝国に反抗したマラータ海賊の根拠地となった。鉄鉱石の産地であるゴアは、1961年に至るまでポルトガルの支配下にあった。

[貞方 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンカン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンカンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation