@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンスタンス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンスタンス
Constans, Flavius Julius
[生]323頃
[没]350. ガリア
ローマ皇帝 (在位 337~350) 。コンスタンチヌス1世 (大帝)の第4子。父の死後コンスタンチヌス2世コンスタンチウス2世と共同で統治し,イタリア,アフリカイリュリクム支配。 340年ヒスパニア,ガリア,ブリテンを支配していた兄のコンスタンチヌス2世がイタリアに侵入,これを撃退して兄を死させ,西方を支配,フランクを破る。カトリックを保護し,アリウス派や異教を弾圧した。帝位僭称者 F.マグネンチウスに殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コンスタンス【Flavius Julius Constans】
320ころ‐350
ローマ皇帝。在位,副帝333‐337年,正帝337‐350年。コンスタンティヌス1世の第4子。コンスタンティノポリスギリシア,ラテンの教育をうけ,父帝死後兄弟と共に正帝としてイタリア,アフリカなどを統治。340年兄のコンスタンティヌス2世を殺し,西方唯一の皇帝となる。343年ブリタニアに渡ったが,これがローマ皇帝がこの地に足をふみ入れた最後となった。ガリアのマグネンティウス反乱のために殺された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コンスタンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンスタンスの関連情報

関連キーワード

合意制度即決裁判手続マル優制度アレクサンドロス[大王]アレクサンドロス3世(大王)ユークリッドの互除法アレクサンドロス(大王)検察官(司法)アレクサンドロスラミア戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation