@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンスタンティウス[2世]

世界大百科事典 第2版

コンスタンティウス[2世]【Constantius II,Flavius Julius】
317‐361
ローマ皇帝。在位,副帝324‐337年,正帝337‐361年。コンスタンティヌス1世の第3子。父の死後一族を多数殺したのち3兄弟で統治し,彼は東方を支配した。軍制を整えてペルシアを討った。兄弟が死んだので一時ガルスを副帝としたがすぐに処刑,次いでユリアヌスガリアを支配させた。両者はやがて不和になりユリアヌスがパリで正帝に推戴されたが,これを討とうとしたコンスタンティウスは急死した。彼はキリスト教神学論争に熱心で,アリウス派カトリック調停を図ったが失敗,アタナシオスを追放した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コンスタンティウス[2世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンスタンティウス[2世]の関連情報

関連キーワード

コンスタンチウス2世コンスタンティウス2世アガトクレスマウリヤ朝ユリアヌス木曽(町)商鞅王羲之クリスプスコンスタンティヌス[2世]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation