@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンスタンティヌス[1世]【コンスタンティヌス】

世界大百科事典 第2版

コンスタンティヌス[1世]【Constantinus I,Flavius Valerius】
280ころ‐337
ローマ皇帝。在位,副帝306‐310年ころ,正帝310ころ‐337年。大帝と呼ばれる。はじめてキリスト教を公認した皇帝。モエシア(今のブルガリア)のナイッススの生れ。父はコンスタンティウス1世,母はヘレナ。父が副帝としてブリタニア,ガリアを支配しているときには正帝ディオクレティアヌスの宮廷におかれた。東の副帝ガレリウスに従ってペルシア遠征に加わり,戦功をあげた。305年ガレリウスが正帝となるに及んでコンスタンティヌスはその宮廷に人質としてとどめられる形となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コンスタンティヌス[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンスタンティヌス[1世]の関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)コンスタンティヌス[2世]コンスタンティヌス一世コンスタンチヌス1世(大帝)コンスタンティヌス1世コンスタンティヌス(1世)コンスタンスコンスタンティウス[2世]前燕

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation