@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンスル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンスル
consul
古代ローマの最高政務官。執政官統領などと訳される。前 509年共和政成立時に2人官として設置されたといわれる。互いに同等の権利をもち執務を交代し,その期間は1年で権力の集中,寡頭政の復活を妨げた。国政の最高官として,政治軍事,裁判の最高権力を有し,元老院を主宰,兵員会招集,法案提出を行なった。また外国に対しては国家を代表する存在で,必ず付人を伴させた。兵員会から選出され,前4世紀まではパトリキ (貴族) が就任したが,前 367年のリキニウス法により1人はプレプス (平民) から選ぶこととされた。しかし翌年度のコンスル選挙に際して候補者をその年のコンスルが指名したため,就任者は一部の氏族が独占することとなった。共和政末期には G.マリウス,ユリウス・カエサルアウグスツスらの有力者が連年コンスルに就任するようになり,元首制の成立とともに元首,皇帝がみずから就任あるいは候補者指名を行うにいたって,有名無実なものとなり,前 180年定められた就任年齢 42歳以上との規定も無視された。職名自体は西方地域で 534年まで存続した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コンスル
(〈ラテン〉consul)古代ローマ共和政期の最高官職で、定員2名。任期1年。民会の一つである兵員会が選出権をもっていたが、ほとんど貴族が独占した。執政官。
(consul)領事コンサル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コンスル【consul】
古代ローマの最高公職者。執政官,統領などと訳す。前509年の共和政成立以降,毎年2名が選ばれたという。ケントゥリア民会の選挙後,コンスルはクリア民会でインペリウムを受け,先導リクトルと棒に生殺与奪の大権を示しつつ民政,軍事,祭祀,民会・元老院の開催等,国政全般を主導した。下位公職者への干渉権,市民懲戒の強権も帯びながら在任中は弾劾を免れ,元老院,護民官掣肘と1年任期,同僚制の厳守専制を防いだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コンスル【consul】
古代ローマ共和制期の政治・軍事の大権を握った最高官職。執政官。統領。
領事。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンスル
こんする
consulラテン語
古代ローマの最高官職(最高の政務官)。執政官または統領と訳される。紀元前509年、共和政樹立とともに設置されたと伝えられる。コンスルはケントゥリア民会で選挙され、二人同僚制、1年任期、インペリウム(命令権)をもつ軍事、民政の最高の役人であった。戦時には軍司令官であり、ケントゥリア民会、元老院の招集、主宰のほか、包括的な国家権力の行使をゆだねられた。もとは貴族だけの就任が許されたが、法的には前366年から、実際は前342年以後、2人のうち1人は平民となった。帝政期になってもこの官職は存続したが、皇帝が自己または寵臣(ちょうしん)を推薦し、元老院で選出されるようになった。就任日は初め3月15日であったが、前153年からは1月1日となり、紀年はこの日に就任したコンスル名によって行われた(だれとだれがコンスルの年、というように)。帝政期には4か月または2か月しか任期をもたない例が多くなった。就任の年齢はキケロの時代には42歳以上とされたが、帝政期には幼児の就任例も現れた。西の帝国では534年までその存続がみられた。[弓削 達]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コンスル
〘名〙
① (consul) ローマ共和政期の行政・軍事の長官。前五〇九年設置。二人制で任期一年。兵員会がその選出権をもっていたが、ほとんど貴族がこの地位を独占。前三六七年以後リキニウス法によって平民にも開放された。帝政時代には選出権は元老院に移り、権限は皇帝に移って実質的意義を失った。執政官。統領。
② (consul) 領事。コンシュル。→こんしろう。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

コンスル
consul
古代ローマの執政官(統領)
前450年ごろ,共和政ローマの最高官職となる。定員2名,任期1年。兵員会によって選出され,最初パトリキに独占されたが,前367年リキニウス−セクスティウス法により1名はプレブスに開放された。最初は政治・軍事の大権が賦与されたが,帝政後は有名無実化した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンスル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンスルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation