@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンセプシオン【こんせぷしおん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンセプシオン(チリ)
こんせぷしおん
Concepcin
南アメリカ、チリ中南部の第8地域(ビオ・ビオBo-Bo)の首都。人口21万4505(2002国勢調査速報値)。近隣のタルカワノとともにチリ中南部最大の都市圏を構成する。現在のペンコPencoの位置に1550年建設されたが、アラウカノ人の襲撃、地震、津波などで破壊され、1754年、現在地に移動した。ビオ・ビオ川の河口より10キロメートル上流に位置し、タルカワノが外港の役割を果たす。豊かな中央農業地帯の農牧・畜産品、周辺の木材の集散地であるだけでなく、市内や郊外には繊維、食品加工、製材、鉄鋼などの工業が立地し、周辺のペンコ、トメTomなどとともにチリ有数の工業地帯となっている。またコンセプシオン大学などがあり中南部の文化的中心地でもある。[細野昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンセプシオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンセプシオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation