@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンセーユ・デュ・ロア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンセーユ・デュ・ロア
Conseil du roi
フランス革命前のフランス王権の中央行政機関。カペー朝時代の国王会議 curia regisに起源を発する。 17世紀の改革 (1610~61) を通じて,王家の家政機関から国家の中央行政機関へと発展した。その構成は国務大臣,大法官,財務総監,国務卿を中心に,必要に応じて国王顧問官や若手の請願審理官が参加した。最高会議 Conseil d'en hautを中心に,司法内務財政宗教軍事の各国務会議に専門分化し,これに対応して地方行政の担当者としてアンタンダンが各地に配置されて集権的国家行政機構を形成した。この中央機関は,最高裁判権や立法上の優位権をめぐって高等法院の権限収奪をはかり激しい抗争を繰返した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンセーユ・デュ・ロア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンセーユ・デュ・ロアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation