@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンダクタンス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンダクタンス
conductance
回路素子の電流の流れやすさを示す量。抵抗の逆数。交流回路におけるアドミタンスの実数部にも用いる。単位はジーメンスで,記号はS。また,電流の流れやすさに対応して,気体や液体の流れやすさを表わす量として用いられることもあり,この場合コンダクタンスに圧力差を掛けると流量が得られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コンダクタンス(conductance)
回路における電流の流れやすさを表す量。直流回路では、電気抵抗の逆数。単位はジーメンス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コンダクタンス【conductance】
電気抵抗の逆数。電流/電圧の次元をもち,単位はジーメンス。記号はS。交流回路ではアドミタンスの実部をいう。すなわち,1Vの電圧をかけたときに流れる電流のうち,電圧と同相の成分がG(A)とすれば,これのコンダクタンスはG(S)である。このとき,電圧より90゜(1/4周期)位相の進んだ電流成分がB(A)であるとすれば,アドミタンスはjを虚数単位(j2=-1)とすればGjB(S)である。アドミタンス【曾根 悟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンダクタンス
こんだくたんす
conductance

直流回路において、回路に電圧を加えたときの電流の流れやすさを表す量のこと。抵抗成分(記号はR)の逆数に等しい。すなわち、電流はコンダクタンスに比例する。

 また、交流回路においてはアドミタンス(記号はY)の実数部をいう。交流電流を、加えた電圧と同位相の成分とπ(パイ)ラジアンずれた位相の成分の和と考えると、コンダクタンスは電圧と同位相の電流成分の流れやすさを表している。単位はジーメンス(S)。記号はGで、G=1/ZZはインピーダンス)、YGjBjは虚数単位、Bはサセプタンス)の関係である。

[布施 正・吉澤昌純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンダクタンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンダクタンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation