@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンドリュール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンドリュール
chondrule
石質隕石中に見出される直径 0.1~10mm程度の球状の物体。これを含む石質隕石コンドライトと呼ばれる。おもに橄欖石,輝石などの鉱物から成るが,ガラス質のものもある。一見したところ,コンドリュールは溶けたケイ酸塩が急冷して生じたもののようにみえるが,真の成因はよくわかっていない。コンドリュールの語源はギリシア語の穀粒を意味するコンドロスにちなんだもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コンドリュール(chondrule)
《「コンドルール」とも》隕石の多くに含まれる、直径2~10ミリメートル程度の球状粒子。融点以上から急激に冷却されたケイ酸塩鉱物からなる。石質隕石のうち、コンドリュールを含むものをコンドライト、含まないものをエイコンドライトという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんどりゅーる【コンドリュール】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コンドリュール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンドリュールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation