@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンドルセ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンドルセ
Condorcet, Marie-Jean-Antoine-Nicolas de Caritat, marquis de
[生]1743.9.17. ピカルディ,リブモン
[没]1794.3.29. ブールラレーヌ
フランスの哲学者,数学者,革命家。1769年数学の業績によって科学アカデミー会員となり,1777年その終身書記官,1782年アカデミー・フランセーズに入る。この間最年少の寄稿者の一人として『百科全書』に関係し,J.ダランベール親交を結んだ。コンドルセの社会改革運動は大革命の勃発とともに彼を政治の檜舞台に送り込む。1791年立法議会議員となり,1792年教育計画案を提出。共和制を主張したが国王の処刑には反対した。1793年ジロンド憲法を起草したが政争のはてにジャコバン党に追われ,やがて捕えられて獄中で変死した。追放中に書かれた主著『人間精神進歩の史的展望の素描』Esquisse d'un tableau historique des progrès de l'esprit humain(1795)は人類の進歩に対する楽観的な歴史観を示している。原始時代より共和国成立までの歴史を 9段階に分け,さらに未来を素描する。この 10番目の段階にあっては自由と権利に関する民族間,階級間の不平等はなくなり,個人もまた知的,道徳的,肉体的に改善されているであろうとされる。この社会性に力点をおいた歴史観はサン=シモンや A.コントに影響を与えた。ほかに『多数決確率解析試論』Essai sur l'application de l'analyse à la probabilité des décisions rendues à la pluralité des voix(1785),"Vie de M. Turgot"(1786),"Vie de Voltaire"(1789)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コンドルセ(Marie-Jean-Antoine Nicolas de Caritat Condorcet)
[1743~1794]フランスの数学者・思想家・政治家。1791年、立法議会の議員公教育委員会議長となり、国民教育制度の構想を報告。ジロンド憲法草案作成に参加したが、のち逮捕され、獄中で死亡人間精神進歩の歴史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コンドルセ【Marie Jean Antoine Nicolas de Caritat,Marquis de Condorcet】
1743‐94
フランスの啓蒙思想家,数学者,政治家。ピカルディ地方に軍人の息子として生まれ,パリのコレージュ・ド・ナバルで数学を専攻,《積分論》(1765)など早くから数学の業績をあげた。1769年にはアカデミー・デ・シアンスに迎えられ,ダランベール,ボルテール,チュルゴらと親交を結び,《百科全書》に経済学の項目を執筆した。82年アカデミー・フランセーズに入会,《ボルテール全集》の編集をするなど18世紀思想家として活躍していたが,革命が勃発すると革命に共鳴し,〈1789年のクラブ〉の会員となる一方,パリ市議会の議員に当選。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コンドルセ【Marquis de Condorcet , Antoine Nicholas de Caritat】
1743~1794 フランスの数学者・政治家。啓蒙思想家の立場からフランス革命に参加し、ジロンド派憲法の草案作成に参画。公教育を重視。恐怖政治に反対し、投獄され、自殺。主著「人間精神進歩の歴史的概観」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンドルセ
こんどるせ
Marie-Jean-Antoine Nicolas de Caritat, marquis de Condorcet
(1743―1794)

フランスの数学者、哲学者、政治家。侯爵。9月17日北フランス、ピカルディー地方のリブモンに生まれる。8歳まで女児として育てられたため、身体の発育は著しく阻害されたが、うちに秘めた情熱は激しく、ダランベールによって「雪に覆われた火山」と評された。初めランスで、ついでパリのナバル大学で学ぶ。若くして数学に才能を発揮し、22歳のときの業績『積分論』(1765)によって、1769年科学アカデミー会員となり、1773年から1791年まで常任幹事として物故会員の頌辞(しょうじ)を執筆する。他方『百科全書』にも協力し、またパスカルの『パンセ』やボルテールの全集を編集した。1782年アカデミー・フランセーズに迎えられ、その就任講演では、数学による諸科学の統一を意図した「社会数学」という新しい学問の理念を提唱した。

 1789年大革命が勃発(ぼっぱつ)すると、啓蒙(けいもう)思想家の最後の一人としてただちにこれに参加。1791年パリから立法議会に選出され、公教育委員会の議長となる。1792年議会に報告した「革命議会における教育計画」は、国民教育の第一の目的を「市民の間に真の平等を確立し、法律によって認められている政治上の平等を実現すること」に置き、「国民教育は政府にとって当然の義務である」と規定している。1792年国民公会議員に選ばれ、その議長を経て憲法委員会に入ったが、彼の起草したいわゆるジロンド憲法草案は採択されないままに、党的抗争が激化し、ジロンド派は没落する。1794年3月29日、8か月に及ぶ逃亡生活ののち、彼自身も逮捕され、ブール・ラ・レンヌの牢獄(ろうごく)で死体となって発見された。その死因は明らかではない。『人間精神進歩の歴史』(1795)は、この逃亡中のごく短期間に執筆された「世紀の遺言書」である。コンドルセはその百科全書的な知識と人類の進歩に対する強い確信のゆえに、啓蒙の世紀の最後を飾るにふさわしい思想家であった。ほかに『解析論』(1785)、『解析学を多数決に適用しうるか否かに関する試論』(1785)がある。

[坂井昭宏]

『渡辺誠訳『人間精神進歩史』2冊(岩波文庫)』『渡辺誠訳『革命議会における教育計画』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コンドルセ
(Marie-Jean-Antoine Nicolas de Caritat, marquis de Condorcet マリー=ジャン=アントワーヌ=ニコラ=ド=カリター、マルキ=ド━) フランスの思想家、数学者。フランス革命に参加、ジロンド党に属し、立法議会、憲法委員会で重要法案の起草に参画。恐怖政治に反対し、捕えられて服毒自殺。人類の永遠の進歩を確信し、歴史を精神の機構的運動と考えた。主著に「人間精神進歩の歴史的概観」「積分論」など。(一七四三‐九四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

コンドルセ
Marie Jean Antoine Nicolas de Caritat, Marquis de Condorcet
1743〜94
フランスの啓蒙思想家,数学者・政治家
『積分編』によりダランベール・ラグランジュに認められ,テュルゴーとも親交があった。フランス革命とともに政治活動にはいり,ジロンド派憲法の起草に努力したが,山岳派に圧迫され,捕らえられて獄中で自殺。主著『人間精神進歩の歴史概観』。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンドルセ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンドルセの関連情報

関連キーワード

ルクレールツンベリー小中一貫教育生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山カートライト亀井南冥クラプロート

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation