@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンバウン朝【コンバウンちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンバウン朝
コンバウンちょう
Konbaung
ビルマ(→ミャンマー)最後の王朝(1752~1885)。アラウンパヤー朝ともいう。シュエボウアラウンパヤー王がモン族(タライン人)の侵略を防ぎ,建国。王都はシュエボウ,アバ,アマラプーラ,マンダレーと移った。1760年にタイアユタヤ朝を攻撃し,18世紀末までにアラカン,マニプル,タイと戦争を続け,北からの清朝中国軍の侵入に抵抗したが,国民は重税に苦しんだ。19世紀に入ると第1次ビルマ戦争,第2次ビルマ戦争でイギリス軍に領土を奪われ,第3次ビルマ戦争で王都を占領されてイギリス領インドの一州となった。(→ビルマ史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コンバウンちょう【コンバウン朝 Konbaung】
アラウンパヤーによって創始されたビルマ(現ミャンマー)最後の王朝。1752‐1885年。アラウンパヤー朝ともいう。1752年4月アバを陥れ,タウングー朝を倒したモン軍は,各地のビルマ人村落首長に臣従を要求したが,シュウェボーの首長アラウンパヤーだけはこれを拒否,周辺46ヵ村のビルマ人住民を糾合してモン軍に対抗した。54年1月アワ,55年3月ダゴン(この時ラングーン改称),56年6月シリアムと,モンの要塞を次々に撃破したアラウンパヤーは,57年5月モンの王都ペグーを陥れ,ビルマ族による3度目の国土統一を達成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンバウン朝
こんばうんちょう
Konbaung
上ビルマ、シュエボー(雅名コンバウン)の地に拠(よ)るアラウンパヤー王(在位1752~60)が興したビルマ最後の王朝(1752~1885)。アラウンパヤー朝ともいう。都はその後、アバとアマラプーラおよびマンダレーへ移った。王朝初期、下ビルマのモン人勢力およびアラカン王国を撃滅し、ここに現ミャンマー(ビルマ)国土の基礎が形成された。また西のマニプルを征服し、東方アユタヤへの侵攻、さらに清(しん)の乾隆(けんりゅう)ビルマ遠征を撃退したが、19世紀に入ると第一次イギリス・ビルマ戦争によりアラカン、テナセリム(現タニンタリー)を、第二次の戦争では下ビルマ全域を失う。第9代のミンドン王(在位1853~78)はこうした外圧に対処すべく新税制を施行し、地方領主(トゥージー)の権限を削減することによる税収増大、中央集権体制強化を図り、西欧先進技術の導入による殖産興業策を強行した。これによって社会構成は大きく変化し始めたが、1885年の第三次イギリス・ビルマ戦争により王朝は滅亡した。文芸面においては、戯曲を中心とする散文文学の興隆によって大衆文化が根を張り、民族意識の形成に寄与した。また王統史や地方史の編纂(へんさん)も盛んであった。[伊東利勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

コンバウン朝
コンバウンちょう
Konbaung
1752〜1885
アラウンパヤー王(在位1752〜60)が創立したビルマ最後の王朝。別名アラウンパヤー朝
一時はインドの東部シャム(タイ)まで支配したが,19世紀初めからの3回にわたるイギリス−ビルマ戦争で滅ぼされ,1886年1月1日ビルマはイギリス領インド帝国に併合された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コンバウン‐ちょう〔‐テウ〕【コンバウン朝】
Konbaung》⇒アラウンパヤ朝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンバウン朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンバウン朝の関連情報

関連キーワード

アウィディウス・カッシウスわいせつ罪ライトヘビー級日米加漁業条約日米漁業交渉アウィディウス・カッシウスアンティオコス[4世]クマロンセレウコス4世ソテル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation