@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンピュータウイルス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンピュータウイルス
computer virus
USBメモリなどの外部記憶装置(→補助記憶装置)や,インターネットLANなどのネットワークを通じてコンピュータに入り込み,プログラムの中に自分自身をコピーし,本体のプログラムが実行されると,データの破壊・改竄(かいざん)や情報漏洩・窃盗などを行なうプログラムコード。侵入してから一定期間潜伏したのちに作動し,ほかのコンピュータに増殖・伝染していくため,ウイルスと呼ばれる。似たものに,ワーム computer wormとトロイの木馬 trojanと呼ばれるものがある。ワームは自分自身の複製がほかのコンピュータに送り込まれ,そこで実行を開始する独立したプログラムである。トロイの木馬は,良性のプログラムに忍び込ませてあり,そのプログラムを実行すると本性を現して悪事を働くプログラムコードであるが,自己複製機能をもたない。これらやコンピュータウイルスなどをまとめてマルウェア malware(悪意のあるソフトウェア)と呼ぶ。コンピュータウイルスという名はフレデリック・B.コーエンによる。1970年代に現れ,1980年代以降広がった。日本でも 1988年から被害が報告されるようになった。コンピュータウイルスの対策には,予防,検出および回復が重要であり,そのためのワクチンと呼ばれるソフトウェアが用いられる(→ウイルス対策ソフトウェアセキュリティ対策ソフトウェア)。ただし,技術的対策だけでは十分な効果は期待できず,教育(→コンピュータリテラシー)やコンピュータ運用などの,人間を含めた対策が必須である。(→コンピュータセキュリティ

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コンピュータ‐ウイルス
〘名〙 (computer virus) コンピュータのネットワークやパブリックドメイン‐ソフトウエアを介してOSやその他のプログラムに寄生し、悪事を働くプログラム。比較的無害のものから、増殖したりデータを破壊したりする悪質なものまである。ウイルスを発見して取り除くソフトウエアをワクチンという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンピュータウイルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンピュータウイルスの関連情報

関連キーワード

Micro USBUSB Type-CUSBウイルスUSBメモリーHUBUSBフラッシュメモリーUSBバスパワーUSBビデオクラスUSB3.0USBウイルス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation