@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンピュータ・ウイルス

パソコンで困ったときに開く本

コンピュータ・ウイルス
外部から入り込んで、ファイルを破壊したり、正常な動作を妨害したりする悪質なソフトの総称です。技術的にはウイルスといえない「ワーム」や「トロイの木馬」、「スパイウエア」などもまとめて「ウイルス」と呼ぶこともあります。基本的に、ウイルスは動き出してしまったらもう手遅れです。ウイルス対策ソフトを使って、動き出す前に発見、削除することが重要です。電子メールやウェブページを介して広まり、きわめて短時間で広範囲に被害が広がるため脅威となっています。USBメモリーのやり取りを通じて感染することもあります。狭義のウイルスは、別のファイルと一体化していて、そのファイルを開くと動き出し、別のファイルに自分のコピーをくっつけて被害を広げます。一連の動きが病原体のウイルスの潜伏、発症、感染に似ていることから「ウイルス」という名になりました。
⇨USBウィルス、スパイウエア、
トロイ木馬マルウエア、ワーム

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

日本大百科全書(ニッポニカ)

コンピュータ・ウイルス
こんぴゅーたういるす
プログラムやデータの中に悪意をもってひそかに組み込まれたプログラム。それを知らずにコピーして、コンピュータ上で稼働させると、ウイルスプログラムが動き出して、コンピュータ上の記憶内容をかってに破壊するなどの害をもたらす。エクセル(EXCEL)のマクロや、メールの添付書類に組み込まれるウイルスもある。「ワクチン」とよばれるウイルスを検出、除去するプログラムがつくられている。ウイルスに感染しない最良の手だては、身元が不確かなプログラムやデータを取り込まないこと、そして常時、ワクチンプログラムを走らせることである。[田村浩一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンピュータ・ウイルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンピュータ・ウイルスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation