@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンピューター断層撮影装置【コンピューターだんそうさつえいそうち】

大辞林 第三版

コンピューターだんそうさつえいそうち【コンピューター断層撮影装置】
X 線装置とコンピューターを組み合わせた医療機器。 X 線を360度回転しながら照射して人体の横断面を撮影、各方向からの像をコンピューターで処理して、その平面の画像を得る。 X 線のほか、粒子線・超音波などを用いたものもある。イギリスのハウンズフィールド(G. N. Hounsfield 1919~2004)、アメリカのコーマック(A. M. Cormack 1924~1998)が開発。 CT 。 CT スキャナー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンピューター断層撮影装置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンピューター断層撮影装置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation