@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コンピュータ音楽【コンピュータおんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コンピュータ音楽
コンピュータおんがく
computer music
一般には,コンピュータを用いて作曲した作品をいうが,広義には,演奏・音響合成などにコンピュータを用いた音楽をも含め,電子音楽との境界があいまいになってきている。作曲にコンピュータを導入した最初の作品は,アメリカの L.A.ヒラーと L.M.アイザクソンが作った『イリアック組曲』 (1957年) といわれる。確率音楽の Y.クセナキスは,1962年以降確率計算にコンピュータを用いており,高橋悠治も同様な方法で作曲している。その後,電子音響機器そのものや音響合成技術が発展し,シンセサイザーなどとコンピュータを接続する場合や,コンピュータに音を直接合成させる方法 (BTLシステム) なども行なわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンピュータ音楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コンピュータ音楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation