@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コーエン【こーえん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

コーエン(Leonard Cohen)
こーえん
Leonard Cohen
(1934―2016)
カナダ出身の歌手、詩人、小説家。モントリオールの保守的なユダヤ人の家庭に生まれ、少年時代にカントリー・アンド・ウェスタンのバンドを結成する。スペインの詩人ガルシア・ロルカの影響を受け、ケベック州のマックギル大学(フランス語圏の同州では少数派の、英語で授業を行う大学であった)、さらにアメリカのコロンビア大学に進み、英文学を専攻。コロンビア大学在学中の1956年に初の詩集『神話の比較』Let Us Compare Mythologiesを出版。その後ヨーロッパ各地を転々としながら、詩集『大地のスパイス・ボックス』Spice-Box of Earth(1961)、『ヒトラーに捧げる花』Flowers for Hitler(1964)、『天国の寄宿者』Parasites of Heaven(1966)と、小説『ザ・フェイバリット・ゲーム』The Favorite Game(1963)、『美しき敗者』Beautiful Losers(1966)を発表する。1967年コロンビア・レコードと契約を交わし、デビュー・アルバム『レナード・コーエンの唄』(1968)を発表するが、その数か月前にはアメリカのフォーク・ソング歌手ジュディ・コリンズJudy Collins(1939― )がこのアルバムに収められた「スザンヌ」を取り上げヒットさせている。
 コーエンの詩人としての才能と、叙情的な深みを備えた作曲の才能は、すぐさま高い評価を受けることとなった。初期の3枚のアルバム、『レナード・コーエンの唄』と『ひとり、部屋に歌う』(1969)、『愛と憎しみの歌』(1971)は評論家から絶賛され、ヒットチャートにランクインすることとなった。また、これらのアルバムにおさめられた曲は多くの歌手にカバーされるスタンダード・ナンバーとなった(「電線の鳥」「フェイマス・ブルー・レインコート」など)。彼自身の演奏するギターを中心とした簡素な伴奏は、コーエンのドラマチックでユーモアにあふれた詩と歌唱を際だたせる効果があった。1970年のツアーでバックを務めたバンドはジ・アーミーと命名され、『愛と憎しみの歌』では全面的にバックを務めている。ジ・アーミーのメンバーはボブ・ディランとの関わりが深いミュージシャンが多かった。大学時代ディランの詩と歌唱に感銘を受け「カナダのディランになりたい」と語ったといわれるコーエンは、さらに1973年ジ・アーミーとのツアーをおさめた『ライヴ・ソングズ』をリリースしている。
 『愛の哀しみ』(1974)以降のコーエンは、積極的に音楽的な幅を広げていった。『愛の哀しみ』ではロック・サウンドを全面的に導入し、元ベルベット・アンダーグラウンドの歌姫ニコNico(1938―1988)について歌ったとされる「チェルシー・ホテル」などの名曲を生んでいる。しかし『ある女たらしの死』(1977)で、ウォール・オブ・サウンド(音の壁)と呼ばれる華美なアレンジで著名だったプロデューサーのフィル・スペクターPhil Spector(1940― )と組んだことは周囲を戸惑わせ、作品の評価も、またセールスもかんばしいものではなかった。『ある女たらしの死』はスペクターの契約の関係で、アメリカではコロンビアではなくワーナーより発売され、コーエン自身がプロデュースし、かつての簡素な作風が戻った次作の『最近の唄』(1979)を最後に、コロンビアはコーエンとの契約を打ち切ってしまう。カナダやヨーロッパ諸国では変らぬ人気を保っていたコーエンだったが、『哀しみのダンス』(1984)は、コーエンの歌の中でも最もよく知られた曲の一つである「ハレルヤ」が収録されているにもかかわらず、アメリカではインディー・レーベルから発売されただけであった。
 しかし、1980年代後半、若い世代からの再評価を受けることとなる。ジェニファー・ウォーンズJennifer Warnes(1947― )によるカバー・アルバム『レナード・コーエンを歌う』(1985)がヒットしたおかげで再びコーエンは注目を集めた。古巣のコロンビアに復帰し、『ロマンシェード』(1988)をリリース。続いて、コーエンの影響を強く受けた英米のニュー・ウェーブ・グループが多数参加したカバー・アルバム『僕たちレナード・コーエンの大ファンです』(1991)がリリースされ、世代を越えたコーエンの影響力を印象づけた。
 以後、『ザ・フューチャー』(1992)、『テン・ニュー・ソングズ』(2001)をリリース。また並行して詩集や小説も発表し続けており、存在感のあるシンガー・ソングライター兼作家として活動している。[増田 聡]
『大沢正佳訳『歎きの壁』(1970・集英社) ▽諏訪優訳・解説 『神話を生きる――レナード・コーエン詩集1』(1977・JCA) ▽川村元彦訳 『大地の薬味入れ――レナード・コーエン選詩集2 』(1978・JCA)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーエン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コーエンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation