@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コーエン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コーエン
Cohen, Hermann
[生]1842.7.4. コスビヒ
[没]1918.4.4. ベルリン
ドイツの新カント派哲学者,マールブルク学派の創立者。コーヘンとも呼ぶ。ユダヤ系ドイツ人としてヘブライ的宗教教育を受けたのち,哲学,数学,自然科学を学ぶ。ハレ大学で学位を取得。 1876年ランゲの跡を継いでマールブルク大学教授。 1912年辞してベルリンのユダヤ教大学教授。徹底した論理主義によるカント解釈から,独自の観念論的体系を築く。文化現象をすべて意識の純粋生産と見,文化的生産における純粋意識の法則性を探って論理学倫理学美学を展開。純粋思惟と純粋意志は自己の根源から内容を産出し,思惟と意志を前提に純粋感情が美的生産を行うとみる。晩年は倫理学にあきたらず宗教の理解へ向い,神と個人の関係を問う。主著は『カント経験理説』 Kants Theorie der Erfahrung (1871) ,『純粋認識の論理学』 Logik der reinen Erkenntnis (1902) ,『純粋意志の倫理学』 Ethik des reinen Willens (04) ,『純粋感情の美学』 Ästhetik des reinen Gefühls (12) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーエン
Cohen, Morris Raphael
[生]1880.7.25. ロシア,ミンスク
[没]1947.1.29. アメリカ,ワシントンD.C.
ロシア生れのアメリカの哲学者,法哲学者。ニューヨーク市立大学ハーバード大学に学び,1938~41年シカゴ大学教授。経験主義的な方法論に基づいて,法についての諸観念を批判的に考察した。主理性と自然』 Reason and Nature (1931) ,『論理学序説』A Preface to Logic (45) ,『理性と法』 Reason and Law (50) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーエン
Cohen, Paul Joseph
[生]1934.4.2. ニュージャージー,ロングブランチ
[没]2007.3.23. カリフォルニア,スタンフォード
アメリカ合衆国の数学者。集合論において集合の「大小」に関する連続体仮説が他の公理から独立していることを証明,1966年のフィールズ賞を受賞した。クルトゲーデルが 1938年に,「集合論の公理系矛盾していなければ,連続体仮説を公理としても矛盾を起こさない」という「連続体仮説の無矛盾性」を証明したが,連続体仮説自体が正しいのかかは不明だった。1963年,集合論の公理系のなかでは連続体仮説の証明はできず,その公理系に連続体仮説を公理として付け加えても,その否定を公理として付け加えても新しい矛盾は起こらないという「連続体仮説の独立性」を証明した。1958年にシカゴ大学で博士号を取得,ロチェスター大学,マサチューセッツ工科大学 MIT,プリンストン高等研究所を経て,1961年にスタンフォード大学に移る。1964年同大学の教授となり,2004年に名誉教授。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーエン
Cohen, Stanley
[生]1922.11.17. ニューヨーク
アメリカの生化学者。ブルックリン大学卒業 (1943) 後,1948年ミシガン大学で生化学の博士号を取得。バンダービルト大学に招かれ (59) ,67年同大学教授。ワシントン大学で R.レビ=モンタルチーニが発見した神経繊維の成長を促進する神経成長因子 NGFをマウスの細胞から単離に成功。さらに上皮細胞増殖因子 EGFも単離,精製した。この功績でレビ=モンタルチーニとともに 86年ノーベル生理学・医学賞を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーエン
Cohen, Theodore
[生]1918.5.31. ニューヨーク
[没]1983.12.21. ニューヨーク
第2次世界大戦後日本の労働政策を立案したアメリカの実業家。 1939年日本の労働運動に関する修士論文を執筆後,41~44年戦略局,45年外国経済局で,対日占領政策における労働政策を立案。その後,46~47年にわたり連合国総司令部 GHQ労働課長に就任し,戦後日本の労働政策の基本構想を策定し,その実施に向けて指揮をとった。特に労働基準法制定,軍国主義的指導者の労働界からの追放,労働省の設置など,日本経済の保守的な構造を大幅に改革した。 47~50年には GHQ経済科学局長付経済顧問に任命され,単一為替レートの決定や日本経済の安定化にも重要な役割を果した。日本女性と結婚後,53~73年の約 20年間にわたり M.エグレイスマン・サン社副社長およびマーシャル・スコット社支配人 (1954~73年) として活動。 73年には実業界を引退し,メキシコ政府の経済顧問に就任した。主著『日本占領革命』 The Third Tu: MacArthur,the Americans and the rebirth of Japan (83) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コーエン(Hermann Cohen)
[1842~1918]ドイツの哲学者。新カント学派のうちのマールブルク学派創始者。徹底した論理主義によってカントを解釈し、独自の観念論体系を構築。著「純粋認識の論理学」「純粋意志の倫理学」「純粋感情の美学」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

コーエン Cohen, Theodore
1918-1983 アメリカの労働問題専門家。
1918年5月31日生まれ。日本占領政策立案にたずさわる。昭和21年GHQ経済科学局労働課長となり,労働組合法の執行令の改善,労働関係調整法の制定などにつくした。日本人女性と結婚。1983年12月21日死去。65歳。ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大卒。著作に「日本占領革命」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

コーエン【Hermann Cohen】
1842‐1918
ドイツの哲学者。新カント学派の一つであるマールブルク学派の創始者。客観的に存在する事物は自然法則に支配され,法則的に関連づけられているが,彼によれば,この法則的連関は事物を法則的論理的に関連づけて考える思惟の働きによって生み出される。事物はこうして生ずる法則的連関の中に組み込まれているものとして思惟されることによって客観的にあるものとみなされる。この意味で思惟は事物を生産すると言える。この場合の事物とは生(なま)の事物そのものではなく,科学的に思惟されたもののことなのだが,彼はカントの観念論の徹底であるこうした対象生産の考えを倫理学と美学にも当てはめて,道徳的意志は道徳的価値や理想を,美的感情は美的形象を生産すると主張した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

コーエン
生年月日:1918年5月31日
アメリカのGHQ経済科学局労働課長
1983年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コーエン
(Hermann Cohen ヘルマン━)⸨コーヘン⸩ ドイツの哲学者。マールブルク学派の創始者の一人。カントの観念論を徹底させて対象の産出としての経験の概念を抽出し、これによって倫理学、美学の哲学体系を築き上げた。著に「カントの経験理説」「純粋意志の倫理学」など。(一八四二‐一九一八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーエン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コーエンの関連情報

関連キーワード

ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)アヘン戦争メンデルスゾーンブルノンビルドーグラスデ=レーケアーサーアンダーソンウォートルス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation