@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コーク【こーく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

コーク(Sir Edward Coke)
こーく
Sir Edward Coke
(1552―1634)
16世紀末から17世紀前半に至るイギリスの法や政治に多大な影響を与えたことで知られる法律家(専門家の間ではクックと発音されることが多い)。ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジとインナー・テンプルで教育を受け、1578年にバリスター(法廷弁護士)の資格を付与された。彼の経歴は3期に分けられる。第1期は1606年までの行政官としての時期であって、この間は、法務次官(1592~1593)、法務長官(1594~1606)を務め、国王大権の擁護者であった。第2期は1616年までの裁判官としての時期であって、民訴裁判所首席裁判官(1606~1613)、王座裁判所首席裁判官(1613~1616)を歴任したが、この時期には国王と対立するようになり、裁判官の地位を追われた。第3期は1634年に死去するまでの時期で、1620年に下院(庶民院)議員となり、1629年まで議会の反対派の指導者として活躍し、1627年の有名な権利請願を立案した。著作としては、『イギリス法提要』第1部~第4部(1628~1659)がよく知られている。[堀部政男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コークの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation