@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コーク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コーク
Coke, Thomas
[生]1747.9.9. ブレコン
[没]1814.5.3.
イギリスのメソジスト教会最初の主教。メソジスト運動と海外伝道における J.ウェスリーの協力者で後継者。オックスフォード大学に学び,イギリス国教会の牧師になったが,のちにメソジスト教会に移る (1772) 。メソジストの指導者として,アイルランド (82) や北アメリカ (84) において活躍。 1797年から海外伝道の指導者となり,私設伝道団を率いてインドに渡る途中でした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーク
Coke, Thomas William, 1st Earl of Leicester
[生]1754
[没]1842
イギリスの地主,農業改良家。 1778年からノーフォークシャーの所領で,耕作法や家畜飼育法の改良に努め,イギリス農業の近代化 (農業革命) に貢献した。長年ホイッグ党所属下院議員をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーク
Cork
アイルランド南西部,コーク県南東部の特別市。同県の県都。コーク湾最奥部,リー川の河口にのぞむ港湾都市で,アイルランド第2の都市。起源は6世紀といわれる。9世紀にはデーン人が征服,ここに交易基地を建設。 12世紀末ヘンリー2世に降伏,最初の特許状を受けて長くイングランドの治下にあったが,15世紀末特許状を剥奪された。しばしばアイルランド自治論者たちの政争の焦点となり,1919~20年には軍事的抑圧に対する抵抗運動の中心地となった。ヨーロッパでも有数の天然の良港で,17世紀からバター,塩,魚,塩漬肉の取引が盛んになり,農畜産物を中心にイギリス,大陸諸国と交易した。主要工業は蒸留酒,ビール,皮なめし,鉄鋳造品,羊毛製品,皮製品など。また第1次世界大戦中 H.フォードがヨーロッパ初の農業用トラクタ工場をここに建設して以来,市の内外に各種の工場地域が発達している。アイルランドのなかでも特にカトリック色が強く,「カトリック教徒解放法」成立 (1829) 後,ローマ・カトリックの聖堂が市内各地に建った。アイルランド国立大学を構成するコーク大学 (1849創立) や博物館のほか教育・文化施設も多い。面積 37km2人口 12万 7024 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コーク(Cork)
アイルランド南部、コーク州の都市。同州の州都であり、首都ダブリンに次ぐ同国第2の都市。リー川の河口に面する。ゲール語で「湿地」を意味し、18世紀半ばより干拓と水路整備が行われ、英国との交易の拠点として発展酒造業、自動車工業、製鉄業が盛ん。セントアン教会セントフィンバー大聖堂などの歴史的建造物がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーク(Coke)
コカコーラのこと。商標名。「コークハイ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コーク【Cork】
アイルランド共和国南部,同名県の県都。海港としても栄えている同国第2の都市。人口13万6344(1981)。地名沼地を意味するアイルランド語に由来し,6世紀に沼地に臨んで建立された修道院の周囲にしだいに町が形成された。古くから農産物,酪農製品,家畜などの輸出と穀類,木材その他の原材料輸入が,イギリスをはじめヨーロッパ各国との間で行われていた。バター市場は17世紀以来著名である。第1次大戦中,コーク県に血縁関係をもつアメリカの自動車王H.フォードが,ここにヨーロッパ最初の農業用トラクター工場を建てたのを契機に,市郊外に工業地域が形成された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

コーク
(Coke) 商標名。清涼飲料水「コカコーラ」の愛称。
※マイクとともに(1952)〈藤倉修一〉アメリカさん「コーク(コカコーラ)などをデスクから持出して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーク
(Sir Edward Coke サー=エドワード━) イギリスの法学者。弁護士、法務長官などを歴任、下院(庶民院)議員として活躍。そのコモン‐ロー優越の思想は後世に大きな影響を与えた。主著「イギリス法提要」。(一五五二‐一六三四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コークの関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニーヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇レオポルト1世水商売

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation