@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コーサイト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コーサイト
coesite
SiO2石英の同質多形鉱物の一つ。コース石ともいう。単斜晶系無色ガラス光沢硬度 7.5,比重 3.0。高圧条件下で安定。天然では 1960年にアメリカのアリゾナ州で発見された隕石落下によって衝撃を受けた岩石に生じている。 53年に L.コースが 500~800℃,3.5万気圧下ではじめて人工的に合成した。コーサイトをさらに高圧条件におくとスティショフ石転移する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コーサイト【coesite】
化学組成SiO2の単斜晶系に属する鉱物。無色透明,ガラス光沢。モース硬度7.5,比重2.93。他のシリカ鉱物と違って,フッ化水素酸に難溶。1953年にコースL.Coes,Jr.によって温度500~800℃,圧力3万5000気圧で合成された。天然には1960年にアメリカ,アリゾナ州のバリンジャー隕石孔で発見された。この隕石孔は盆地状で,直径約1200m,深さ約170m。剪断(せんだん)・圧縮された二畳紀の砂岩中に非常に細粒のコーサイトが産出する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

コーサイト
コーサイト
coesite

SiO2の高圧相.スチショバイトの発見されたアリゾナのいん石孔,アラビア,南ドイツなどで発見された.その後,L.Coes Jr.(1953年)が500~800 ℃,3.5 GPa 下で合成した.いん石落下による衝撃圧によって石英が転移したもの.低圧型SiO2は500 ℃,2.5 GPa で,また1500 ℃,3.5 GPa でコーサイトになる.単斜晶系,空間群 C 2/c,格子定数 a0 = 0.714,b0 = 1.237,c0 = 0.714 nm.β = 120°.密度2.915 g cm-3(実測),2.919 g cm-3(計算).

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーサイト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コーサイトの関連情報

関連キーワード

二酸化ケイ素脱珪酸作用ケイ酸塩飽和シリコン窒化膜アルカリ石灰指数ニグリ値ラーセンの変化図蛇紋岩化作用酸性

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation