@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コーラス

デジタル大辞泉

コーラス(chorus)
合唱。または、合唱曲。合唱団。「男声コーラス
コーラス波

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コーラス【chorus】
(1)合唱合唱曲合唱団のこと。(2)イギリスのエリザベス朝時代の演劇で,前口上や結びの口上を語る語り手のこと。(3)有節歌曲の繰返し(リフレイン)部。独唱者が歌う部分に対して,リフレインは合唱で歌われることが多いことからきている。(4)ジャズやポピュラー音楽のリフレイン。32小節または24ないし12小節よりなる。(5)ミュージカルやレビューなどで歌いかつ踊るコーラス・グループやダンサーのこと。【皆川 達夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コーラス【chorus】
多人数が声を合わせて歌曲を歌うこと。合唱。また、その歌曲。合唱曲。女声・男声・混声の区別がある。
の合唱団体。合唱団。
ジャズなどの楽曲で主題を提示している部分。序奏部分とは区別され、繰り返し演奏される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コーラス
〘名〙 (chorus)
① 合唱すること。また、その曲、そのグループ。合唱曲。合唱団。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「成程さうですネ。chorus(コーラス)〔斉唱(つれぶし)〕といふ者は、マアマア我国の『チョボ』でせうな」
② ポピュラーソングや外国民謡で、導入部(バース)のあとに歌われる主題部。同じメロディーのまとまりが何回か繰り返されることが多い。また、そのひとまとまりを数える語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コーラス
合唱」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コーラス
こーらす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コーラスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation