@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴシック様式【ゴシックようしき】

家とインテリアの用語がわかる辞典

ゴシックようしき【ゴシック様式】
12世紀前半にパリを中心とするフランスで始まり、16世紀に至るまで広くヨーロッパ各地に影響を与えた建築・美術の様式。建築物では大聖堂尖頭アーチステンドグラスなど、家具では垂直を強調した対称形や豪華な彫刻装飾が特徴。フランスのノートルダム大聖堂イギリスカンタベリー大聖堂ドイツケルン大聖堂などが代表例。◇「ゴシック」は「ゴート人(ゲルマン系の一部族)の」という

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ゴシック様式
ゴシックようしき
Gothic
12〜15世紀のヨーロッパで栄えた,高い尖塔をもつ垂直線を強調した建築様式。広義にはゴシック風の美術全般をさす
この語は,イタリアの芸術家たちがみずからのギリシア・ローマ的なものに対し,「粗野なゴート風」の意で用いた。ロマネスク美術の様式に続いて12世紀半ばに北フランスにおこり,西ヨーロッパに普及した。聖堂建築を中心とし,出入口,窓の尖頭アーチ,屋上の尖塔など軽快な垂直線が特徴とされ,天国へのあこがれを象徴するといわれる。フランスのノートルダム(パリ)・ランス・アミアン・シャルトル,ドイツのケルン,イギリスのカンタベリ・ヨークの聖堂が有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴシック様式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴシック様式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation