@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴマフグ【ごまふぐ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴマフグ
ごまふぐ / 胡麻河豚
[学]Takifugu stictonotus
硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。函館(はこだて)湾以南の本州各地、および朝鮮半島、東シナ海に分布する。体は長く、背面と腹面に小棘(しょうきょく)がある。背側が青黒色で多数の小黒色点があり、腹側は白い。臀(しり)びれは黄色。全長35センチメートルに達する。卵巣と肝臓に強毒、皮膚に弱毒がある。サバフグとよぶ地方もあるが、サバフグは別種であり、注意を要する。[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴマフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴマフグの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation