@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴムウカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴムウカ
Gomułka, Władysław
[生]1905.2.6. クロスノ近郊
[没]1982.9.1. ワルシャワ
ポーランドの政治家。小学校卒業後,職人見習いとして働き,16歳で社会主義運動に参加。 1926年ポーランド共産党に入党。 1932~34,1936~39年労働運動に従事したため投獄された。この間の 1934~35年モスクワの国際レーニン学校で学ぶ。 1942年ワルシャワに移り,ドイツ占領下で地下抵抗運動を組織し,同年ポーランド労働者党中央委員会のメンバーとなり,翌 1943年書記長に就任した (1945年から副首相兼任) 。党内で実権を握ったモスクワ亡命派から民族主義者として批判され,1948年 12月以降公職から追放され,党からも除名された。 1951~54年投獄されたが 1956年8月復党,10月にポズナン暴動以後の民主化の波に乗り,大衆の人気を得てポーランド統一労働者党第1書記に就任,さまざまな改革に着手した。しかし,しだいに保守化して知識人層と対立,労働者大衆からも孤立。 1970年 12月にドイツ連邦共和国 (西ドイツ) との国交正常化を成し遂げたが,同じ月にグダニスク暴動が起こって失脚した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ゴムウカ
Wladyslaw Gomulka
1905〜82
ポーランドの政治家
1926年にポーランド共産党にはいり,労働運動を指導。1942年ナチス占領下で共産党指導者を中心とするポーランド労働者党を結成して書記長となり,45年には副首相を歴任したが,右翼偏向と批判されて失脚。1956年反スターリン運動の中でポーランド統一労働者党第一書記に復帰したが,70年辞任。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゴムウカ(Gomułka)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴムウカ
ごむうか

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴムウカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴムウカの関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命史(年表)ロシア革命竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割ロシア革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation