@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴム状弾性【ゴムじょうだんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴム状弾性
ゴムじょうだんせい
rubber-like elasticity
ゴムやゴム類似物質の示す弾性ゴム弾性ともいう。鎖状の高分子構造をもつが,高温で弾性を失う物質に硫黄添加 (加硫) して網目構造をつくり,弾性を示す温度範囲を広くする。ゴムヤング率 (→弾性係数 ) は金属の 10万分の1で,原寸法の数倍まで伸びる。低温では硬くもろくなって弾性を失う。固体の弾性が内部エネルギーの変化に起因するのと違って,ゴム状弾性はエントロピーの変化に起因するのが大部分で,気体圧縮したときに示す弾性に似ている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゴムじょうだんせい【ゴム状弾性 rubber‐like elasticity】
ゴムやゴムに類似した物質の示す弾性。引張りや圧縮の力を加えたときのゴムの可逆的な伸び,縮み(弾性)は,金属の弾性と著しい違いを示す。例えばゴムは元の長さの数倍にも変形させることができるし,弾性係数も金属の場合の1万分の1程度である。また,金属の弾性係数は温度にあまり依存しないのに対し,ゴムのそれは温度に比例する。これらのことは,ゴム状弾性の機構が,金属の弾性の機構と異なっていることを示している。ゴムは,長い鎖状の高分子からなっており,長い鎖の各部分が不規則にあちらこちらの向きになり,うねうねと曲がっていると,鎖の両端の間の距離がRになる確率は,W(R)=Aexp(-b2R2)で与えられる(A,b定数)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ゴム状弾性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴム状弾性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation