@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴヤ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴヤ
Goya y Lucientes, Francisco José de
[生]1746.3.30. サラゴサ近郊フエンデトードス
[没]1828.4.16. ボルドー
スペインの画家,版画家。 1766年マドリードに出て宮廷画家 F.バイユーのもとで修業。 73年その妹と結婚してマドリード定住。王立タペストリー工場のために制作した多くの下絵によって認められ,89年にはカルロス4世の宮廷画家となる。 95年アカデミア総裁,99年首席王室画家となり,着衣および裸体の『マハ』 (マドリード,プラド美術館) をはじめ『カルロス4世とその家族』 (1800,同) など多くの傑作を制作。他方 1814年頃,反ナポレオン戦争中に主題を得た『5月2日の蜂起』や『5月3日の処刑』 (同) なども描いている。またすでに版画連作『ロス・カプリチョス』 (1799) ,『戦争の惨禍』 (1863初刊) などによって,風刺的,幻想的傾向を強めていた彼は,「聾者の家」に隠棲していわゆる「黒い絵」の連作を描いた。その後弾圧を避けて 24年にフランスのボルドーに亡命し,闘牛その他を描く。鮮明な色彩感,光の描写,鋭い現実直視と幻視性の結合などは,近代絵画への道を開いたものとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴヤ
Goya
アルゼンチン北東部,コリエンテス州南西部の都市。州都コリエンテスの南南西約 190km,パラナ川左岸に位置する河都市。周辺の農業地帯の商工業中心地で,製材製粉,なめし食肉乳製品などの工場がある。港からは柑橘類タバコ綿花,米,アマ家畜などを積出す。人口約3万。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゴヤ(Francisco José de Goya y Lucientes)
[1746~1828]スペインの画家。宮廷画家として鋭い洞察力に基づく肖像画・宗教画・風俗画を描く一方、幻想的な作風をも示した。銅版画にもすぐれ、ナポレオン軍の侵入を描いたシリーズなどがある。
堀田善衛による美術評論。の一生と作品を論じる。昭和48年(1973)より雑誌「朝日ジャーナル」に連載開始。昭和49年(1974)から昭和52年(1977)にかけて全4巻を刊行。大仏次郎賞およびロータス賞受賞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゴヤ【Francisco de Goya y Lucientes】
1746‐1828
スペインの画家。サラゴサに近い寒村フエンデトードスに鍍金師の次男として生まれ,14歳ころからサラゴサで後期バロックの画家に教育された。独力でイタリアに留学(1769‐71)し,サラゴサでフレスコ画家として活躍した後,1773年に同郷の宮廷画家バイェウFrancisco Bayeu(1734‐95)の妹と結婚,以後マドリードに出て,義兄助力で王室用タピスリーのための原画(カルトン)制作にたずさわった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゴヤ
(Francisco José Goya y Lucientes フランシスコ=ホセ=━=イ=ルシエンテス) スペインの画家。宮廷画家となり、鋭い観察による、明るい色彩の肖像画、風俗画、宗教画を描く。銅版画にもすぐれた。作品は「裸のマハ」「カルロス四世の家族」「一八〇八年五月三日の銃殺」など。(一七四六‐一八二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ゴヤ
Francisco Jôsé de Goya y Lucientes
1746〜1828
スペインの画家
初め織物の下絵などを描き,のち宮廷画家となる。ナポレオン1世の侵入後,戦争の残虐窮乏を大胆に表現した。代表作「のマハ」「カルロス4世一族」「5月3日の処刑」など。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴヤの関連情報

関連キーワード

フェリペベニョフスキー穴井六郎右衛門菅原伝授手習鑑カルル・フリードリヒコリンズ児童文学三大名作塙保己一歌体約言

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation