@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴルジ体【ゴルジたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴルジ体
ゴルジたい
Golgi body
1883年 C.ゴルジにより発見された複雑な網状または粒状細胞構造オスミウムまたは銀で染まる構造物として認められたが,電子顕微鏡により 1952年ダルトンが確認,動植物に分布する。構造は大きい空胞,扁平胞,小胞から成り,おもな部分は平行に並んだ2層の集積である。分泌機能に密接に関係し,分泌物を含有して細胞膜まで運ぶと考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゴルジ‐たい【ゴルジ体】
動植物の細胞の中に存在する、粒状あるいは網状の器官。細胞内の分泌物を合成したり、排出物を一時的に蓄えたりする機能をもつといわれる。1899年ゴルジが発見。ゴルジ装置ゴルジ複合体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ゴルジ体
 細胞内小器官の一つで,小胞体で膜タンパク質分泌タンパク質が合成されたあとゴルジ体へと輸送され,ここで糖鎖付加などのタンパク質の修飾,輸送経路への導入が行われる.その他,細胞内でのタンパク質の移動に重要な機能を果たす.脂質の二重層で囲まれた板状の構造が重層した構造をもち,方向性があり,小胞体からタンパク質が移動してくる面がシス側,その反対側がトランス側.膜の周辺から小胞が生成してゴルジ体を離脱する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゴルジたい【ゴルジ体 Golgi body】
ゴルジ装置Golgi apparatus,ゴルジ複合体Golgi complexなどとも呼ばれる。ゴルジC.Golgi(1898)により発見された硝酸銀または酸化オスミウムOsO4によって染色される網状の細胞小器官。細胞内の膜流membrane flowの下流にあり,電子顕微鏡による観察では扁平な囊,球状小胞,大型液胞からなる細胞内膜系の複合体であり,その主たる機能は分泌である。肝細胞には約50のゴルジ複合体があって,細胞質容積の約2%を占める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゴルジ‐たい【ゴルジ体】
〘名〙 生物の細胞質内にみられる粒状または網状の小体。イタリアの解剖学者C=ゴルジが発見。脊椎動物の神経細胞や腸などの分泌細胞に多くみられ、分泌物や排出物の形成に関係すると考えられている。ゴルジ装置。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴルジ体
ごるじたい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴルジ体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴルジ体の関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスタークレーギー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation