@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴロブニン

デジタル大辞泉

ゴロブニン(Vasiliy Mikhaylovich Golovnin)
[1776~1831]ロシアの海軍士官。ディアナ号で世界周航中、1811年に国後島(くなしりとう)で日本の松前藩に捕らえられ、ロシアに捕らえられた高田屋嘉兵衛との交換で釈放日本幽囚記」。ゴローニン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゴロブニン【Vasilii Mikhailovich Golovnin】
1776‐1831
日本ではゴローニンの名で知られたロシアの海軍士官。晩年中将にまで昇進し,主計総監としてロシア海軍力の増強に尽くした。1807年三檣船ディアナ号の艦長として極東に向かい,11年南千島海域を測量中,国後(くなしり)島で部下たちとともに日本側の捕虜となる。1806‐07年に一部のロシア軍人がサハリン(樺太),択捉(えとろふ)島などで日本の番所を襲撃する事件があり,幕府蝦夷地防備を固めていたのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゴロブニン
(Vasilij Mihajlovič Golovnin ワシリー=ミハイロビチ━) ロシアの海軍軍人。文化八年(一八一一)測量のため国後(くなしり)島に上陸。江戸幕吏に捕えられて幽囚生活を送り、同一〇年高田屋嘉兵衛と交換、釈放される。著書「日本幽囚記」。ゴローニン。(一七七六‐一八三一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴロブニン
ごろぶにん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴロブニン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴロブニンの関連情報

関連キーワード

ゴローブニンゴローニンアメリカ史チュルゴー蕪村アメリカ独立革命史(年表)デラウェア[州]上田秋成グアテマラトロピーニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation