@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴーガン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴーガン
Gauguin, Paul
[生]1848.6.7. フランス,パリ
[没]1903.5.8. フランス領ポリネシア,マルキーズ諸島,アチュアナ
フランスの後期印象派の画家。フルネーム Eugène-Henri-Paul Gauguin。17歳で見習いの船乗りとなり,1871年に株式仲買人となったが,1883年に職業を捨てて画家となった。翌 1884年に結婚生活が破綻した。初めカミーユ・ピサロとポール・セザンヌに学び,第4回以降の印象派展(→印象主義)に続けて出品。1886~90年ブルターニュ地方のポンタベンに住み,印象派の技法を捨てて,純色の広い色面を用いる総合主義を始め,象徴主義の文学者たちに高く評価された(→ポンタベン派)。1888年にはフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホとアルルで 2ヵ月間共同生活をしたが,ゴッホが病気の発作によりみずからの左耳を切り落とすという事件が起こった。ヨーロッパ文明を拒否し,第1回タヒチ旅行(1891~93)ののち,1895年に再びタヒチへ向かい,1901年にはマルキーズ諸島に移った。外面的な自然描写に飽き足らず,素朴な先住民たちの姿を通して人間の生や死を象徴的に描いたゴーガンの芸術は,20世紀の非自然主義芸術の源泉の一つとなった。主要作品に『黄色いキリスト』(1889,オールブライト=ノックス・アート・ギャラリー),『マナオ・トゥパパウ(死霊が見ている)』(1892,オールブライト=ノックス・アート・ギャラリー),『われわれはどこから来るのか? われわれは何者なのか? われわれはどこへ行くのか?』(1897~98,ボストン美術館)などがある。主著『ノア=ノア』Noa-Noa(1897)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゴーガン(Gauguin)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゴーガン【Paul Gauguin】
1848~1903 フランスの後期印象派の画家。ヨーロッパ文明を否定して、晩年タヒチ島に渡った。単純化・平面化した人体を、光り輝く強烈な色彩で描いた。代表作「タヒチの女」など。紀行「ノアノア」。ゴーギャン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴーガン
ごーがん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゴーガン
(Paul Gauguin ポール━)⸨ゴーギャン⸩ フランスの後期印象派の画家。文明生活に飽きてタヒチ島にわたり、現地の人々の生活を多く描く。画風は重厚な線条と輝かしい色調とを特徴とする。代表作は「タヒチの女」「黄色いキリスト」など。(一八四八‐一九〇三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴーガン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴーガンの関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation