@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴーデスベルク綱領【ゴーデスベルクこうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴーデスベルク綱領
ゴーデスベルクこうりょう
Godesberger Grundsatzprogramm der SPD
1959年 11月 15日バートゴーデスベルクで開かれた西ドイツ社会民主党臨時大会で採択された綱領。これによって同党長年マルクス主義の伝統を清算し,労働者階級の政党から国民大衆の政党への転換をはかり,イデオロギーに束縛されない政策を提唱した。同綱領の成立背景には党首の E.オーレンハウアーら西欧型社会民主主義者の経験に基づくところが大きい。これによって社会民主党は 61年以降,総選挙ごとに3%ずつ得票率を伸ばし,72年 11月の総選挙ではキリスト教民主同盟を抜いて第一党となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴーデスベルク綱領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴーデスベルク綱領の関連情報

関連キーワード

新藤兼人テレビジョン史(年表)マキノ雅広岡本喜八森一生チベット問題ルナ市川崑恐怖映画康濯

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation