@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゴールドスミス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゴールドスミス
Goldsmith, Oliver
[生]1728.11.10. パラス
[没]1774.4.4. ロンドン
アイルランド生れのイギリスの詩人,劇作家,小説家。 S.ジョンソンを中心とする文学クラブの一員。ダブリンのトリニティ・カレッジを出て貧困のうちに放浪,ロンドンで文筆生活に入る。中国人の目で世相を風刺した随筆『世界市民』 The Citizen of the World (1762) で認められ,好人物の田舎牧師の一家を描く小説『ウェークフィールドの牧師』 The Vicar of Wakefield (66) で名声を得た。また,劇作にも筆を染め,喜劇お人よし』 The Good-Natured Man (68) のあとの『負けるが勝ち』 She Stoops to Conquer (73) は,代表的な 18世紀喜劇として知られる。長編詩『旅人行』 The Traveller (64) ,農村荒廃を歌った詩『荒村行』 The Deserted Village (70) も有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゴールドスミス(Oliver Goldsmith)
[1728~1774]英国の詩人・小説家・劇作家アイルランドの生まれ。小説「ウェークフィールドの牧師」のほか、詩「寒村行」、戯曲お人よし」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゴールドスミス【Oliver Goldsmith】
1730?‐74
イギリスの詩人,劇作家,小説家。牧師の子としてアイルランドに生まれ,ダブリントリニティ・カレッジに学び,後にエジンバラオランダライデンの大学で医学を修め,大陸を転々とし,1756年にロンドンに帰る。以後,下働きの文筆家となり雑誌に寄稿する。エッセイストとしての最もまとまった活動は一連の〈中国人の手紙〉で,後に《世界市民》(1762)として出版される。中国人がヨーロッパの風俗についてコメントを加えるという趣向で,すでにモンテスキューなどによって用いられた方法である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゴールドスミス
(Oliver Goldsmith オリバー━) イギリスの詩人、小説家、劇作家。アイルランドに生まれる。好人物の田舎牧師の一家を描いた名作「ウェークフィールドの牧師」ほか、詩「寒村行」、喜劇「お人よし」など。(一七二八‐七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴールドスミス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゴールドスミスの関連情報

関連キーワード

見沼通船堀ゴンザ厚生局ジェームズ・クック岡島冠山荻生徂徠クック虚空鈴慕銭大昕

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation