@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サイクロトロン放射【サイクロトロンほうしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サイクロトロン放射
サイクロトロンほうしゃ
cyclotron radiation
比較的低速の荷電粒子によるシンクロトロン放射放射される電磁波周波数磁束密度B ,粒子の電荷q質量m とすると,qB/2πm で与えられる一定値をとる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サイクロトロン‐ほうしゃ〔‐ハウシヤ〕【サイクロトロン放射】
磁場内で荷電粒子が円運動または螺旋運動するときに放射される電磁波。また、荷電粒子の速度光速に近い場合の放射をシンクロトロン放射という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サイクロトロンほうしゃ【サイクロトロン放射 cyclotron radiation】
一様な静磁場中を磁場に垂直方向に運動する荷電粒子は,ローレンツ力を受けて円軌道上を一定速度で周回することが知られている。粒子速度vが光速度cよりはるかに小さい場合(v/c≪1),この荷電粒子からエネルギーの一部が電磁波として放射される現象をサイクロトロン放射と呼び,電気双極子放射で表される。サイクロトロン放射の角度分布はかなりの程度等方的であるが,vcに近づくにつれて放射は前方に集中する傾向があり,シンクロトロン放射と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サイクロトロン放射」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サイクロトロン放射の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation