@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サイダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サイダ
Saïda
アルジェリア北西部の都市。同名県の県都。オラン南東約 110km,標高 840mに位置する。天然の要塞で,ローマ時代の築城以来の重要な軍事基地。 1844年,民族の英雄アブドゥル・カーディルが,侵攻してきたフランス軍を前にこの城を焼いたが,54年フランス軍が再建,鉄道の開通とともに重要な拠点となった。付近牧畜を主とする豊かな農業地帯で,町では畜産物羊毛,ワイン,皮革をはじめ,穀類ブドウ,野菜などの集散と,醸造製粉,セメント生産などが行われる。人口8万 825 (1987推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイダ
Sayda
ギリシア語ではシドン Sidōn。レバノン南西部,南部レバノン県の行政中心地で,地中海に面する港湾都市ベイルートの南南西約 40kmに位置する。古代フェニキアの最も古い都市の一つで,前3千年紀に創設され,前 15~13世紀には地中海,エーゲ海貿易で繁栄。この時代以後の遺跡も多い。 1950年からサウジアラビア油田パイプラインで結ばれ,石油積出港となり,巨大な石油タンクが並ぶ。柑橘類バナナなど周辺地域の農産物を集散し,漁業も盛んである。人口3万 8000 (1988推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サイダ(Saida)
レバノン南西部、地中海に面する湾都市。ベイルートの南約50キロメートルに位置する。サウジアラビアとパイプラインで結ばれ、石油の積出し港として重要な役割を担っている。古代フェニキアの都市国家シドンがあった場所であり、紀元前13世紀から前12世紀にかけて、交易の拠点として栄えた。旧市街には十字軍城塞オスマン帝国時代の隊商宿などが残っている。2005年に暗殺された元大統領ラフィーク=ハリーリーの生地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

サイダ【Saida】
レバノン南西部、地中海東岸に臨む港湾都市。サウジアラビアのダーランと連結するパイプラインの終点で、石油の積み出し港。旧称、シドン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サイダ
さいだ
Saida
レバノン、ベイルートの南南西約40キロメートル、地中海に面する港湾都市。旧称シドンSidon。人口14万9000(2003推計)。シドンの名は、紀元前三千年紀後半のバビロニアの史料にさかのぼり、ウガリト文書、アマルナ文書、『旧約聖書』にみえ、下って『新約聖書』には、イエスが同地を訪ねて説教したことや、使徒パウロがローマへ行く途中寄港したことと関連して言及されている。同地は古代のフェニキアの最古の都市の一つであった。ガラス、染色工芸などに優れ、前二千年紀後半には地中海、エーゲ海交易で繁栄し、しばしば姉妹都市ティルスと覇権を競った。ヘレニズム時代にはガラス工業の中心地の一つとして栄え、前1世紀ごろ同地で吹成法によるガラス器の製法が発明された。諸国に征服され服属しながらも、その交易の拠点としての重要性は十字軍時代まで続き、沿岸に城塞(じょうさい)も築かれた。17世紀以後はトルコの支配下にあって商業都市としての繁栄を取り戻した。地下墓室から発見されたアレクサンドロス大王の浮彫りのある石棺はとくに有名である。
 1963年以降の発掘調査によってフェニキア・ローマ時代の遺構・遺物が発見されている。1950年からサウジアラビアのダーラン油田とパイプラインで結ばれ、ヨーロッパへの石油の積出し港として重要な役割を果たしている。柑橘(かんきつ)類、バナナなどの農産物の集散地でもある。[高橋正男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サイダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation