@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サイバーパンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サイバーパンク
cyberpunk
サイエンス・フィクション (SF ) の一分野。人間性が失われたハイテク未来社会のなか,類型的な英雄像とは異なるあり方で既成文化に対抗する存在を描き出す。サイバーパンクという呼称は,1982年に作家ブルース・ベスキが自作の短編小説のタイトルとして生み出した。ベスキが語源としたものは,人間の機能をコンピュータに制御された機能に置き換えるための人工頭脳研究を意味する「サイバネティクス」と,1970~80年代に若者の間ではやった騒々しい音楽と虚無的な感性をさす「パンク」という二つのことばだった。サイバーパンクということばを流布させたのは,SF小説編集者のガードナー・ドゾワだったというのが通説である。分野としてのサイバーパンクの源流は,ベスキの作品よりも時代をさかのぼり,1940~50年代のテクノロジー小説や,ハイテク未来社会における孤立をテーマにしたサミュエル・R.ディレイニーらの作品,1970年代に社会や科学にまつわる懸念を SFで取り上げようと呼びかけたブルース・スターリングの評論にたどることができる。しかし,一つの文学の潮流としてサイバーパンクが展開していくきっかけをつくったのは,1984年に出版されたウィリアムギブソンの長編小説『ニューロマンサー』 Neuromancerだった。そのほかサイバーパンクの作家としては,ジョン・シャーリー,ルディ・ラッカーなどがいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サイバーパンク(cyberpunk)
《cybernetics(サイバネティックス)+punk(過激なロック音楽)から》コンピューターネットワークによって管理された、暴力的で退廃した未来社会を描くSF小説の潮流。1980年代にブームとなった。代表的な作家は米国のウィリアム=ギブスンやブルース=スターリングなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

サイバーパンク【cyberpunk】
cybernetics と punk の合成語
ハイテク化が極度に進行した未来社会を描くサイエンスフィクション。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サイバー‐パンク
〘名〙 (cyberpunk) パソコンやコンピュータ・ネットワークなどの普及によって変容した人間の意識を前提として、一九八〇年代に登場したSF小説の一傾向。ウィリアム=ギブソン、ブルース=スターリングなどを代表とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイバーパンク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サイバーパンクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation