@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サイン

デジタル大辞泉

サイン(sign)
[名](スル)

㋐署名すること。署名。「小切手にサインする」
㋑スポーツ選手や芸能人などがファンのために自分の名前を色紙などに書くこと。英語ではautographという。
符号。信号。また、合図すること。「目くばせでサインを送る」
スポーツで、示し合わせた合図によるプレーの指示。シグナル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイン(sine)
三角比三角関数の一。直角三角形で、一つの鋭角について、斜辺に対する対辺の比。また、これを一般角に拡張して得られる関数。記号sin 正弦正弦関数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

サイン
西洋占星術で用いられる、黄道を30度ずつ分割した十二星座シンボルのこと。通常、星座(一般的な太陽星座占い)といわれているもの。西洋占星術では、春分点牡羊座の0度とするトロピカル十二宮が使われている。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

サイン
韓国のテレビドラマ。2011年1月放映開始(全20話)。法医学テーマとするサスペンス出演は、パク・シニャンキム・アジュン、チョン・ギョウンほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サイン【sign】
(1)コミュニケーション論,記号論などの用語で,〈信号〉〈記号〉〈合図〉などと訳される。英語の原義には,神や自然から人間への〈しるし〉というような意味が強い。記号信号(2)署名。英語の動詞〈sign(署名する)〉の意味から,日本語の慣用語となった言葉。署名【編集部】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サイン【sign】
スル
合図。暗号。また、合図すること。 首を振って-する -を送る
署名すること。また、署名。 契約書に-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイン【sine】
三角関数の一。正弦。記号 sin   → 三角関数

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サイン
〘名〙 (sign)
① (━する) 自分の名を自分の手で書くこと。また、その字。特に、有名人がファンを喜ばせるために独自の字体で書くものや、証券類に捺印のかわりに記すものをいう。署名。自署。
※紐育(1914)〈原田棟一郎〉横に観たブロードウエー「実は此処にアドミラル東郷の署名(サイン)があったのだが」
② スポーツ競技で、敵チームにわからないよう、味方同士が秘密の動作で行なう合図。また、ある人たちのあいだで取り決めた合図。シグナル。
※ベースボール(攻撃篇)(1927)〈飛田穂洲〉二「盗塁のサインを走者に与へ」
③ 一般に、記号・信号・符号・指標などをいう。〔舶来語便覧(1912)〕
※暗室(1976)〈吉行淳之介〉三〇「『座席ベルト着用』のサインが出た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイン
〘名〙 (sine)
① 三角比の一つ。三角形ABCにおいて、角Cが直角のとき、辺 AC と AB との比を角Bのサインといい sinB と書く。正弦。
② 三角関数の一つ。正弦を一般角にまで拡張して得られる、実数全体を定義域とする関数。y=sinx で表わす。正弦関数。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

サイン
SINE」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サイン
三角関数」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サインの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation