@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サウル【さうる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

サウル(古代イスラエルの初代の王)
さうる
'lヘブライ語
Saul英語
古代イスラエルの初代の王(在位前1020~前1010)。イスラエル諸部族の一つベニヤミンの出身。サウル以前のイスラエルは、政治的統一を欠いた部族連合であり、対外的脅威が起こったときにだけカリスマ的な軍事指導者がこれを統率した。長身の美男子で勇気に富むサウルは、イスラエルの民が王を待望したときに、預言者サムエルによってみいだされ、「王万歳」という民の歓呼を得て王となった。サウルの軍は、ペリシテ人に比べ武器のうえで劣勢であったため、勇気が重んじられた。ダビデもそういう部下の一人である。ダビデの冷静・沈着な行動に比べ、サウルには直情的な性格があり、人気をねたんで執拗(しつよう)にダビデ殺害を図る。のちペリシテ人との戦いに敗れて、ギルボア山中で自害する。このとき、ダビデはその死を悼んだ(「サムエル記」上・9~31章、下・1章)。[市川 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サウル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サウルの関連情報

関連キーワード

市町村議会送達都道府県議会キモトリプシン香川県の要覧エンパイアステートビルディング有効数字ドニプロペトロウシク長さノーベリウム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation