@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サウン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サウン
saung
ビルマ (現ミャンマー) の弓型ハープサウン・ガウ saung-gaukの略称。「ツァウン」ともいう。いわゆるビルマ竪琴で,中国,日本の資料で鳳首箜篌 (ほうしゅくご) と記されるもの。清朝では「総稿機 (ツォン・カウ・キ) 」と記録された。木製の舟形 (シャというアカシアの1種の根をくりぬいたもの) の中央にシカ皮を張り,胴から曲った柄が出て弓型をつくる。柄の半分ぐらいのところから胴面の皮の稜線に斜めに製のを張る。ボドーパヤー王 (1782~1819) の頃にはまだ7弦であったものを文学者のミャワジ・ウンジー・ウーサが竪琴奏者ウー・ポー・ゴウンのために 13弦に改良したという。中国唐代資料では 14弦とある。現在では,ウー・モン・モン・ジーがさらに 14弦に改良,16弦のものまである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サウン(〈ミャンマー〉tzaung)
ミャンマーの撥弦楽器。舟形の共鳴胴をもつハープの一種で、16弦のものが一般的。座ったの上に置き、主に右手ではじいて演奏する。サウン‐カウ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サウン【saung】
ミャンマーの弓形ハープ。正しくはサウン・ガウsaung gaukという。〈ビルマの竪琴〉の名で知られる。舟形の胴と弓形の棹から成り,棹の先にボダイジュの葉の装飾がある。弦は絹またはナイロンの弦13~16本で繊細優美な音色をもつ。独奏または古典歌曲の伴奏に用いる。右手親指と人差指で弦をはじき,必要に応じて左手親指の爪で弦のを押して音を変える。おもな調弦は5種類ほどあり,弦の端に結んである太い紐を棹に巻きつけて調弦する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サウン
さうん
saung

ミャンマー(ビルマ)の弓型ハープ。正しくはサウン・ガウsaung gauk(サウン・カウs. kaukとも)。木製の舟型共鳴胴に緒止め棒ともなる首が取り付けられ、絹糸弦(近年ではナイロン弦も使用)が巻き止められている。もと13弦であったが、今日では16弦が一般的。両手の指ではじいて弾く。起源については諸説あるが、インドから伝わったらしく、中国でも唐代に鳳首箜篌(ほうしゅくご)として知られていた。仏教楽器であったが、今日では独奏、合奏、声楽の伴奏に広く使われている。

[川口明子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サウン
〘名〙 (saung, tzaung) ミャンマーの撥弦楽器の一つ。古代インドの仏教楽器に端を発した弓型のハープの一種で、高さ約六〇センチメートルの木製の湾曲した柄から胴にかけて、絹製の一〇センチメートル前後の弦を張り、右手指で弾奏するもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サウン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サウンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation