@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サカハチチョウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サカハチチョウ
Araschnia burejana
目タテハチョウ科。前翅長 20~25mm。翅の外縁に弱い凹凸がある。翅表の色彩,斑紋は春型と夏型ではまったく異なり,春型では黒地に細い黄白色帯があり,外縁に沿って橙赤色斑があるが,夏型では黒地に白色の幅広い中央帯があり,外縁近くにきわめて細い赤色帯がある。一般には雄よりやや大きく,翅は丸みを帯びる。成虫は年2回,5~6月および7~8月に出現する。幼虫イラクサ科コアカソを特に多く食べるが,アカソ,ヤブマオ,イラクサなども食べる。北海道,本州,四国,九州に分布する。北海道にはユーラシア大陸に広く分布する近縁種アカマダラ A. levanaが混生するが,本種に比べやや小型である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サカハチチョウ
さかはちちょう / 逆八蝶
[学] Araschnia burejana

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。北海道より九州にわたって分布するが、対馬(つしま)、種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)およびそれ以南の南西諸島には産しない。南西日本では山地渓畔に多い。外国では朝鮮半島、中国東北部、アムール川流域などに分布し、東アジア北部の特産種。はねの開張40ミリメートル内外。はねの表面は春型では橙(だいだい)色と黒褐色の斑(まだら)模様、夏型では黒褐色の地色に前翅(ばね)・後ろ翅の中央を走る白帯があり、出現の季節によって著しくはねの模様が違う。日本産のチョウのなかではアカマダラとともに季節的変異がもっとも顕著。寒冷地では年1回または2回、暖地では年3回の発生。幼虫の食草はイラクサ科植物のイラクサ、ホソバイラクサ、コアカソなどである。

[白水 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サカハチチョウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サカハチチョウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation